オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「オリンピックシーズンに向けて、羽生選手は視界良好」。GOLDEN SKATE 5月5日記事翻訳/前半

GOLDEN SKATE web記事より、オリンピックシーズンに向けて挑戦を続けた今シーズンを振り返り、来シーズンへの取り組みを語る羽生結弦選手の冷静インタビューです。前半・後半に分けて訳します。

www.goldenskate.com

 

 

Hanyu heads optimistically into Olympic season.

GOLDEN SKATE May 5, 2017 By Tatjana Flade Photo/Danielle Earl

*この内容は当ブログ運営者が独自に翻訳したもので、GOLDEN SKATEは記事について一切の責任を負っていません。

 

日本のスーパースター羽生結弦は、いくつかの〝初〟を伴い、自信を持って楽観的に次の一年のオリンピックシーズンに入る。

羽生は、昨年秋にカナダで開かれたオータムクラシックで、綺麗な4回転ループを跳んで〝4回転キングクラブ〟の一員に加わった。世界フィギュア国別対抗戦までに、フリープログラムの中で、演技後半での新しい4回転トゥ+ハーフループ+3回転サルコウのコンビネーションを含む5つの4回転を跳んで、そのうち4つを着氷させたのだ。

このオリンピックチャンピオンは、「2大会連続オリンピック金メダル」という次なる大冒険に向けて、必要なものを蓄積できたと感じている。しかし、ジャンプを変えようとは思っていない。シーズンの始めから、フリープログラムに5つの4回転を入れるかどうか、まだ決めかねている。

二度の世界選手権チャンピオンである羽生は、「やれる可能性はある」とみている。「難度の高いコンビネーションジャンプにするために、違ったオプションを付けたいんです。いくつかの違った4回転が必要だと思いますが、概してプログラムの構成を変えようとは思っていません。今シーズンは違う種類のジャンプに挑戦して、大きな自信を得ました。ジャンプをとてもうまく飛ぶことができて、ハイレベルの実施点も得られました。今シーズンに得た経験が、たぶん、ポジティブな影響を来シーズンに与えてくれると思っています。そう願っているんです」。

f:id:tanegashimapi:20170514224625j:plain

しかしながら、技術面で多少チェックする余地がある。いくつかのジャンプを何回かポップしてしまったことに対して、対策を練る必要があるのだ。それは世界選手権と国別対抗戦のショートプログラムで起こったので、特に世界選手権では、素晴らしい出来のフリープログラムで挽回する必要があった。

「 ショートプログラムの何が問題なのかを分析するのに、ちょっと時間をかける必要があると思っています。というのも、概してショートプログラムに対して、ネガティブなイメージを持ち始めているんです」と、四大陸選手権の金メダリストは(自分自身に対して)指摘した。

しかし、新しいジャンプである4回転ループについては満足している。
「4回転ループに関しては、 今回が競技で挑戦した初めてでした。 でもフリープログラムでは、7回ぐらい挑戦しています。ポップしたのは、スケートカナダだけだと思います。4回転ループには満足しています 。でも今シーズンは、4回転サルコウが問題でした」。

「4回転トウループで怪我をしてシーズンの始めに2ヶ月休んだ後、とても怖かったんです」と、羽生は振り返る。
「最終的にはプログラムのなかで2回のループを飛んで、それが大きな自信につながりました。国別対抗戦で初めて4回転トゥ+ハーフループ+3回転サルコウのコンビネーションを飛んで、完璧ではなかったけれど、自分としては満足のいくものでした。演技後半で3つの4回転ジャンプを跳んだのは初めてだったし、たぶん僕がそれをやった最初のスケーターなんじゃないかな」。

「 これは、オリンピックシーズンに向けてポジティブな材料です。こういったジャンプをするのに十分なエネルギーはありましたが、身体的にも精神的にも、さらに強くなるために頑張る必要があります」。
-----前半ここまで

後半はこちらです。

www.tanegashimapi.com