オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

まったく似てない浅田真央小姐でお送りする、香港Tomonews広東語版の古いニュース

香港でフィギュアスケート(花様滑氷)のニュースを目にする機会はあまりない。競技人口が多くないせいもあるだろう。

そんな中、たまたまYouTubeで「TomoNews香港」の古~い花様滑氷ニュースを発見した。

 

「TomoNews」を発信しているのは台湾発のアニメーションスタジオ会社で、ニュースにCGアニメーションを組み込んで、"ざっくりニュースビデオ"を作っている。

香港の他のニュースサイトを見ても、「わざわざCGにしなくても・・・」と思う映像があふれているので、CGアニメニュースは市民権を得ているようだ。

 

さて、発見した「TomoNews香港」の日本フィギュアに関するニュースは、浅田真央小姐版と羽生結弦先生版の2本。どちらもスカッと爽やかなくらい、選手の顔が似ていない。

 

 まずは浅田真央選手のソチ後の休養⇒復帰に関するニュースから。

広東語で浅田真央は「チンティン ジャンヨン」。

浅田=チンティンに耳を澄まして聞いてみよう!

前フィギュア女王・浅田真央、復帰の意志を表明か?

前フィギュアスケート女王の浅田真央は、コーチを通じて「競技に復帰することを考えている」と表明しました。

2014年3月に休養期間に入った浅田は、その後どうするかを明確に表明していませんでした。

*テレビで宮原選手(かな~)の演技を見て拍手する、真央ちゃんと・・・誰? あんた誰? もしや・・・舞ちゃん?

 

しかし、最近、復帰する気持ちが出てきたようです。

*大学卒業式の袴姿の真央ちゃんが現れ、記者たちがマイク片手に群がると、ソチのフリーの衣装にチェンジ。と、また袴姿に。と思ったら再びソチ衣装へ。選手と一般人の間で揺れ動く心を表現か?!

 

これに対し、同じくスケート選手である織田信成は、浅田に対して「頑張れ」とエールを送りました。

*テレビで真央ちゃんを見て、目から噴水涙を放出する織田ちゃん。

 

しかし、競技を継続するに当たって最大の難関は、一年のブランクです。

*リンクをスイーッと滑る真央ちゃん、「あ~」と叫んで転ぶ。一年休んだくらいで、ここまで滑れなくなることはないけどね・・・

 

加えて、あくまでもコーチからの話であって、続けるかどうかに関して、彼女自身は何の明確な回答もしていません。コーチの話によれば、浅田本人が最終決定を正式表明するようです。

*普段着と試合衣装を半々に身に着け、迷っている様子の浅田選手。顔色悪いよ!! って言うか、真央ちゃんじゃなくて、お婆さんになってるけど!!

 

だから、それまで彼女に、すまんが、ちょっと時間を与えてあげてくれまいか。

*倒れた浅田選手に殺到する記者たち。そこへ、ピピーッと笛を吹いて警告する・・・誰? あんだ誰?


続けるべきか、引退するべきか。彼女はまだ心が揺れ動いているように見えます。

*シーソーに座って、現役続行か引退か迷う浅田選手。顔色悪いよ!!って言うか、お婆さんになってるってば!!

 

浅田は5月18日に記者会見を開いて、いったいどうしたいのか、本人の口から結論が話されるのでしょうか。

(完)

 

いかがでしたか? とっても中身がなかったですね。こんなふうにCGニュースが流行るのは、香港人があまり文字を読まないせいもあるかもしれません。