オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

JAL国内線のチェックインカウンターから、1000円でスーツケースを自宅に送れるよ。

f:id:tanegashimapi:20170705124440j:plain

 

疲れているとき、重たいスーツケースは、凶器になる。

 

階段で持ち上げようとして腰を痛めたり、

エスカレーターで支えきれずに落下させ、人にケガを負わせたり、

電車の中で動いて、人にぶつけたり。

 

この際、帰りの飛行機に乗るときに、自宅まで送っちゃいましょう。

 

JALの国内線を利用するなら、「手ぶらでおでかけサービス」が超便利。あまり知られていないし、利用している人も見かけないのですが、私は何度か利用しています。

 

手続きはカンタン

 

  1. 国内旅行先から帰るとき、出発地空港のJALチェックインカウンター
  2. "手ぶらでおでかけサービス"でスーツケースを送りたい と申し出る。
  3. 宅配伝票を渡されるので、自分でその場で記入。
  4. 現金で1000円払う(カバー代、税込み)。

 

これで、スーツケースに専用カバーがかけられ、同じ搭乗便で輸送されてきます。

乗り継ぎがあっても、最初の空港で預けて大丈夫です。

 

次の日またはその次の日に、佐川急便で自宅に届きます。

f:id:tanegashimapi:20170705161653g:plain

 

注意事項

 

普通のスーツケースを1つ預ける分には、まったく問題ありません。

 

  • 20キロを超えたり、超巨大な場合は超過料金がかかります。
  • 一人いくつでも申し込めます(合計100キロまで)。

  •  スーツケース1つにつき、1000円かかります。

お荷物1個あたりの重さが20kg以内、大きさの3辺が50cm×60cm×120cm以内であれば、お一人様あたりの個数制限はありません。 
そのほかお預けのお荷物も含めて100kgまでご利用いただけます。
※ただし、宅配サービスに関わらず、ご搭乗便でのお預けのお手荷物の合計がお一人様20kgを超える場合は、航空運送区間の超過手荷物料金が別途必要です。

 

"手ぶらでおでかけサービス"で実感したメリット

  • チェックインカウンターで手続きできるので、宅配便カウンターを探して移動する手間と時間が省ける。
  • 安い。国際線利用なら、カード会社との提携で送料無料や500円のスーツケース宅配もあるが、国内線利用なら1000円は安い。
  • チェックイン時に預けて、空港でお土産を買うのも楽々。
  • 高齢者や子連れ、重たい荷物が持てない人も、旅に出るハードルが低くなる。*1000円ではありませんが、旅行に出かけるときに自宅から空港まで荷物を運んでくれるピックアップサービスもあります。
  • 空港からの帰りに、職場に寄ったり、家族や友人にお土産を届けに行ったりするのも身軽。

 

帰りの電車で疲れて眠ってしまう人、多いですよね。先日、電車で私の並びに座った女性が居眠りしている間に、スーツケースが向かいの席までドーンと動いて、男の人にガーンとぶつかりました。

自分でスーツケースを運べば節約になりますが、体力、筋力と相談して、1000円なら必要経費として出せるのではないかと私は思います。

 

翌日、家に届きました

 

f:id:tanegashimapi:20170705160406j:plain

 

速い。そして、安い。

帰宅してスーツケースの中の洗濯物を放置するのは罪悪感がありますが、帰宅した翌日にスーツケースが届くので、帰宅当日はのんびり休めます。