オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

沖縄の那覇で琉球音楽&島唄を聴きながら食事ができて、大騒ぎせずにカチャーシーも踊れるお店

f:id:tanegashimapi:20170718190420j:plain

 

 沖縄に行ったら、琉球音楽を生で聴きたい

 

沖縄に行ったら、琉球音楽&島唄をライブで聴きたい。

せっかくだから、カチャーシーも踊ってみたい。

沖縄の名物料理も食べてみたい。

 

沖縄旅行で、私と同じように考える人は多いと思います。

 

ところが、インターネットで検索しても、お店が多すぎるし土地勘もないので、時間ばかりが過ぎていきました。

そこで、ホテルのコンシェルジュに相談することに。

 

f:id:tanegashimapi:20170718233523p:plain

私の要望は・・・

・琉球音楽や島唄を生で聴きたい

・観光客向けの、しょぼい歌と演奏は勘弁してほしい

・沖縄の代表的な郷土料理を食べたい

・豪勢な琉球料理のコースが食べたいわけではない

立ちっぱなしで大騒ぎ、煙草の煙モクモクのライブは避けたい

・明朗会計のお店

・土地勘がなくてもたどり着ける場所にある

 

コンシェルジュのイチオシ、「ライブハウス 島唄」

そして、コンシェルジュに紹介されたのが、国際通りのメインストリートに面した「ライブハウス 島唄」です。

 

「ライブハウス 島唄」は、チャージが大人2000円、小中高生1000円かかります。

 

チャージが500円の琉球ライブ居酒屋も2カ所ほど候補に挙げてくれましたが、どちらもライブを聴く人のための席は、2階の桟敷席になるとのこと。

急な階段を昇るので、高齢者づれの人には勧められないということでした。

 

最初、「チャージ 2000円は高いな~」と貧乏根性を出した私

でも、結果的に「ライブハウス 島唄」は、とても良心的なお店でした。

 

場所は、那覇市牧志1-2-3 ハイサイおきなわビルの3階です。

牧志」と言われても場所がイメージできないと思いますが、観光客が1度は訪れるであろう「国際通り」にあります。

 

ビルの1階はお土産物屋さん。明るい雰囲気のビルです。

3階も明るい雰囲気で安心です。

 

f:id:tanegashimapi:20170718232213j:plain

 

店内は落ち着いたワンフロアで、けっこう広々。

前方に舞台があり、どこからでも舞台が見えるようになっています。

 

f:id:tanegashimapi:20170718232338j:plain

 

ホームページからレイアウトをお借りすると、前方が禁煙席で

後方のB、Cが喫煙席になります。

 

f:id:tanegashimapi:20170719000436j:plain

 

事前に予約してから行ったほうが、いい席を用意してもらえるのでおすすめです。

ライブ&沖縄料理 ライブハウス島唄

 

「歌うのは誰?」「ネーネーズでーす」

 

では、ライブの歌や演奏のレベルはどうでしょうか?

 

出演者は日替わりですが、「知名定男・ネーネーズの店」とサブタイトルが付いているように、かなりの確率でネーネーズがライブをしています。

 

ほかにも、初代「ネーネーズ」の吉田康子さんや同じく旧メンバーだった比嘉真優子さん、知名定人さんなどが出演されています。

 

えっ、「ネーネーズ」を知らない?

1990年にデビューした女性4人組の沖縄音楽グルーブです。

ディッカ

 

テレビで歌う姿をよく見かけた時期がありますが、舞台に現れたメンバーが想像以上に若くてびっくり。結成して25年くらい経っているようですが、メンバーチェンジを経て、現在は5代目だそうです。

 

出演者のスケジュールはこちらから確認してください。

ライブ&沖縄料理 ライブハウス島唄スケジュール

 

基本は、19時、20時30分、22時の3回ステージ。

しかし、入れ替え制ではないので、2000円のチャージで40分ほどのライブを3回続けて見ることができます。

 

ご希望とあらば、18時のオープンと共に入店し、飲んだり食べたりしながら閉店までいることも可能です。

 

f:id:tanegashimapi:20170719131819j:plain

 

決して、居座るというわけではなく、「入れ替え制ではないので、この後の回も見ていってね~」と、ネーネーズのみなさんも言ってくれます。

 

私は、夜7時と8時30分の2ステージを見ましたが、歌もネーネーズの衣装もステージごとに変わり、カチャーシーは、1ステージ目はありましたが、2ステージ目はなし。たぶん、3ステージ目は、一番にぎやかに盛り上がるのだと思います。

 

歌のほかに、三線、島太鼓、三板など、メンバーが演奏する琉球楽器も耳にすることができます。

 

お料理のお味はいかがでしょう?

 

私にとって沖縄旅行は4度目。

実をいうと、沖縄料理はあまり味覚が合わないなぁと思っていたのですが、ジーマーミー豆腐やゴーヤチャンプルー、らふてぃ、ヒラヤーチーといった定番沖縄料理が、どれもおいしかったです。

 

ライブが始まって暗い中で映したので、よくわからないかもしれませんが

ジーマーミー豆腐と、らふてぃ。梅酒「美ら梅(ちゅらうめ)」です。

 

f:id:tanegashimapi:20170715004133j:plain

f:id:tanegashimapi:20170715004147j:plain

 

 ホームページやチラシにあるクーポンを持っていくと、スタッフおすすめの料理が一品サービスになります。  

 

トイレもきれいです

特に女性にとっては、トイレがきれいかどうかも気になりますよね。

ここのトイレは、とてもきれいで清潔。そして、楽しいです。

 

トイレの空間が、田舎のバス停みたいになっていて(私の感覚です)

壁にアーティストやお店の情報、沖縄の話など、ポスターやPOPがたくさん貼ってあって、カラフルです。

 

お料理を運んでくれるスタッフの方たちも、気持ちのいい対応をしてくれます。写真撮影をお願いしても、笑顔で撮ってくれました。

 

ネーネーズの撮影もOK。ただし、ビデオ撮影はNGです。

お誕生日のお祝いサービスもあるようです。

 

さて、お会計は、女性2人で8608円。

ライブチャージが2人で4000円なので、飲食代は4000円。600円は税金です。

 

そんなに食べたり飲んだりしていないので、たくさん食べて飲む人は、もう少し高くなると思います。

 

沖縄の夜を安全に楽しめて、琉球音楽を聴き、軽くカチャーシーも踊り、ネーネーズのまったりトークも聞けて、大満足でした。