オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

暇で家にいる人、必見。JALカードなら、あなたも次の連休は海外へ行けるかも!

f:id:tanegashimapi:20170811130949j:plain

 

連休に突入しましたね~。
テレビをつけると必ず「海外渡航のピークは・・・」というニュースが流れて成田空港が映し出される。そして、小学校低学年くらいの子どもが「バリ島で海に行くのが楽しみです」なんて答えている。

 

悔しい~。そして、うらやましい~(笑)。

 

あなたも、半年後の連休には海外に行きましょう! JALカードでマイルを貯めれば、わりと簡単に行けますって!!

JALカードがキャンペーンをやっています。

年2回はグアム、香港へ行ってます

現実逃避が大好きな私は、年に2回はグアム、香港、台湾など近場の海外にJALのマイルを使って特典航空券で出かけます。


香港もグアムもJALで飛べば、週末の2泊3日だって存分にグルメやマッサージ、レジャーを堪能できます。

 

グアムなら、朝10時ごろに成田を出発(2017年9月は10:40分成田発)。15時20分にグアム着。16時すぎには、まだ陽のあるプールサイドでビール片手に夕陽を待てます。


帰りの便は17時台(2017年9月は17:15分グアム発)なので、朝から海やプールで遊んでシャワーを浴びてからホテルをチェックアウト。ランチを食べて14時半ごろタクシーに乗れば、飛行機に間に合います。

f:id:tanegashimapi:20170811133747j:plain

 

香港なら、朝10:00羽田発に乗れば、13時35分に香港着。飲茶には間に合いませんが、16時にはホテルからエステやマッサージに向かい、トラムやスターフェリーに乗ってぼーっとした後、中華料理を食べに行けます。

 

仕事を早く切上げて向かうなら、成田発18時台で22時に香港着。ホテル到着は深夜なので、お楽しみは翌朝のお粥からになりますね。

 

帰りは13:35香港発のチケットが取れれば、16:25に羽田着。午前中に香港B級グルメを堪能してから、飛行場へ迎えます。

 

無料で海外へ行く最短距離はJALカード

お金がない? 私だってお金持ちではありません。
でも、JALカードがあれば、ノープロブレム!!


えっ、持ってない?  本当にもったいないですよ。

 


入会するだけで、キャンペーンによっては数千マイルもらえて、入会搭乗ボーナスが最大5,000マイル。毎年、初めてJALに乗ると、最大2000マイルの初回搭乗ボーナスがつきます。 

JALのチケットを買って旅行や仕事で出かける予定がある人は、JALカードがあると通常もらえるマイルより最大で25%多く、フライトマイルがつきます。
「最大」というのは、ビジネスクラスに乗ったりすると、ボーナス分が増えるという意味です。

 

さらに、私は「CLUB-A」カードを持っているのですが、機内販売が10パーセント割引になります。

 

「SKⅡ」のローションやディオールのファンデ(今、扱っているかどうかは不明)、ジルスチュアートのチークは、JALの国際線以外で買ったことがありません。

 

マイルをさらに速く貯めるには

 

私はさらに、カード年会費に3,240円(税込)をプラスしてショッピングマイル・プレミアムに入会しているので、買い物するとショッピングマイルが2倍たまるようになっています。

 

さらにさらに、家族でマイルを共有できるので(登録が必要)、私が1万5000マイルしかなくても、夫が2万5000マイル持つていれば、二人合わせて4万マイル。二人で香港やグアムに行けちゃいます。

 

さらにさらにさらに、JMB海外ツアー・JMB旅プラス会員向けツアー・JAL海外ダイナミックパッケージなど対象のツアーで海外旅行(ヨーロッパなど遠方がおすすめ)に行く予定のある人は、「ツアープレミアム」(年会費にプラスして2,160円:税込が必要)に登録すると、通常マイルに加えてボーナスマイルが付きます。

私は、年に1回ヨーロッパに行くので登録しています。

 

ただ、年会費にプラスして費用がかかるので、ツアーに参加する予定のない年は、登録を解除しておく必要があります。

 

連休のピークから数日ずらす

 

注意点は、年に数回、連休のピーク時などに「ブラックアウト」という期間が設けられていて、特典航空券で予約をとることができないこと。

 

何日かピークをずらすか、連休が終わったあとの週末プチ旅行がおすすめです。

 

国内旅行なら、6000マイルでどこかに行ける

 

海外でなくてもいいという人は、6000マイルでJALの「どこかにマイル」が利用できます。


国内4カ所の行先が、くじで決まるというお楽しみつき。詳しくはこちらの記事を。

 

www.tanegashimapi.com

 

入会して、日々の買い物や毎月引き落としのあるものをカード払いにすれば、6000マイルなんてあっという間です。

 

JAL主催のツアーで海外に行くなら、ツアー料金をJALカードで払い、JALで往復のフライトをして、現地でJALカードを使う。

すると、帰国後にたまったマイルで「どこかにマイル」で国内旅行。

 

うーん、旅好きにとって、なんて素敵なサイクルでしょう。

仮にグアムが往復7万円、香港が往復6万円としても、すごくお得ですよね。

ベストシーズンや連休周辺だと、グアムも香港も往復10万円を超えることもあるので、「夫婦二人で20万円も予算が浮いたぞ!」とほくそ笑むのも快感です。

私は15年以上、この方法で海外へ行っています。

 

入会するときは、「入会と同時にマイルが何千ポイントもプレゼントされる」タイミングを狙って加入しましょう。スタートダッシュが大切です。

 

いま、JALカードがキャンペーンをやっています!