オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

試合前に笑いすぎの宇野昌磨スケートカナダSP「冬」NBC解説翻訳。

 

笑いすぎ昌磨とグッドな解説の織田君

こんばんは。種子島ぴーです。

昨日のスケートカナダの昌磨選手、とりあえず1位でほっとしました。前日練習でジャンプが決まっていないと聞いて、「前日の調子が悪い時は当日の調子がいい」と安心して見ていました。

 

f:id:tanegashimapi:20171029023411j:plain

 

が、6分間練習で昌磨が笑いすぎるくらい笑っていたので、どーかしちゃったんじゃないかと不安にさせられましたよ。アドレナリンの出過ぎだったようですが、なんだかなー。

 

 

でも、悲壮感がないのはいいですね。試合に出ていた頃の浅田真央さんや現在の羽生選手は、見ているこちらが窒息しそうなくらいピリピリムードなので、意味不明に笑っている昌磨に、こっちまで笑っちゃいました。

 

ところで、テレ朝の解説は、NHKかと思うほど落ち着きがあって、すばらしかったと思いますが(放送ではなく解説)、巷の評判はどうなんだろう。織田君がパトリック・チャンの演技を「スケートの刃から音楽がこぼれるような」と表現したときは、ほほーっと思いましたよ。

 

SP「冬」のNBC解説の未完成翻訳

さて、海外の評判が知りたかったので、宇野選手のSP「冬」のNBC解説を訳してみました。解説者は、男性はRyan Bradleyの声だと思いますが、女性は確信がありません。

 

そして、本当に申し訳ないのですが、翻訳は75パーセントの仕上がりです。しかーし、とてもとても眠いので、ざっくり仕上げでお届けします。いずれ修正する(かも)。(*一部修正しました)

 


2017 SC Uno, Shoma SP JPN OLY

 

宇野昌磨。最終滑走のスケーターです。19歳。世界選手権2017の銀メダリスト、全日本選手権の覇者。

 

昌磨のこのプログラムは、4回転フリップで幕を開けます。キレ~イに決めました。

 

(キャメルスピン、ステップシークエンス)

 

プログラムの構成を見ると、ボーナス点の付く後半の演技に入るのを待っているようだ。

次の要素は、4回転トゥ+3回転トゥのコンビネーション。

 

4回転トゥ+2回転トゥ。着氷後、ほぼ助走なしで3回転トゥを跳ぶのは、すごーく難しいんだ。

 

そして、スプレッドイーグルにつながるビューティフォーなトリプルアクセル。

 

(コンビネーションスピン、フライングスピン)

(演技終了)

 

わーお! 宇野昌磨による、信じられないスケーティング。

この大会に参加している誰よりも、技術的に優れている。

 

それに、ゆったりと落ち着いて、なんて自信なの。世界選手権の銀メダルについて話すと、わずか2点、羽生に及ばなかったというのが重要な点よ。どう考えても大敗ではなかった。彼は言ったわ、「その後、精神的に変わった」って。羽生を破るチャンスはゼロだと思っていたのが、「今は、羽生選手を破りたいと思う」と。それを裏付ける成熟味と自信がうかがえるわ。

 

彼は、演技を始めた瞬間からキャラクターに入り込んで、観客を支配する力を持っているよ。

 

本当にまったくすばらしいよ。彼はまだ19歳なんだ。彼はとても小さいけど、力強い存在感を持っている。この大会で、もっとも難しいプログラムを演じるんだよ。

 

君が言ったように、(世界選手権では)羽生がほぼ最高の演技をしたのに、昌磨はわずか数点、及ばなかっただけだ。羽生が調子を崩していたから、勝てそうなところまでいったのではない。世界選手権は、本当にすばらしい大会だったよ。昌磨は、スケート界に名を知らしめたんだ。彼がクリーンなプログラムを滑り続けられるなら、優勝候補としてオリンピックに出るだけの技術力があることを、私たちはわかっています。

 

シーズンスタートのロンバルディア杯では、2位になったジェイソン・ブラウンより60点も上回ったのよ。総合点は、男子スケーターとしてシーズンの世界最高得点でした。

 

これはオープニングの4回転フリップです。彼は今まで通り、フリーレッグを背後に巻き込む、とてもタイトなカーブを描いた時間のかかる着氷をしています。単独でエレメンツをこなすには問題はないけれど、セカンドジャンプに3回転トゥを持ってこようとすると、ちょっと問題が起きてくる。

 

この場面の4回転トゥは、少し前のめりに跳んで、3回転トゥを成功させる自信がなかったんだろう。でも、たぶん、目の前の得点からすると、自信のない3回転トゥを付けるリスクを冒すより、4回転+2回転にするほうがいいとわかっていたのだと思う。4回転ジャンプを2回跳び、そのうちの一つである出だしの4回転フリップはとても得点が高いので、彼にはたくさんの貯金があるんだ。

 

スコアは、103.62点

わーお。

 

ロンバルディア杯のときより少し得点が低いだけだから、今のところ、ペースをキープしているわね。

 

以上です。おやすみなさい!!