オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

雪豹ミハイル・コリヤダ、歌うデニス・ヴァシリエフス、あの衣装のネイサン・チェン。

こんばんは。アイスダンスを見ながらブログを書いている種子島ぴーです。

宇野昌磨選手の怪我が少しでも回復するように、できるだけ時間がゆっくりと進んでほしいのですが、なぜだか飛ぶように過ぎていきます。

f:id:tanegashimapi:20180323220228j:plain

女子のフリーが始まる前に、昨日の男子ショートで、印象に残った選手について書きとめておきたいと思います。

 

ロシアの雪豹ミハイル・コリヤダ

「昨日、散髪して参りました!」といった感じのキリッとヘアで、二コリともせずに現れたコリヤダ選手。これこれ、これです!! こういう雪ヒョウのような透明感というか、誰にでもなつかない感じがコリヤダ選手の魅力です。笑うと可愛くなってしまうけどね。

 

f:id:tanegashimapi:20180323193847j:plain 

オリンピックのときよりも精悍な顔つきで、しびれるような4T+3T。続きまして、美しき3Lz、キレキレの3Aとジャンプをすべて決めて、遂に100点越え!

本当によかった(涙) オリンピック・アゲインってことになったら、寿命が縮まるところでしたよ。 コーチの表情も、とてもわかりやすいですね。

 

平昌オリンピックの団体戦2本、個人戦2本でジャンプが散々だったときは、コーチが石化してしまったかと思いましたよ。

f:id:tanegashimapi:20180209165555j:plain

平昌で石の地蔵と化したチェボタリョーワコーチ

しかし、今回は、魔法から解けたかのように、表情がやわらか。

f:id:tanegashimapi:20180323192040j:plain

会心の演技に100年に一度の笑顔を見せるチェボタリョーワコーチ

そして、あんなに恐ろしい目にあったオリンピックなのに、コリヤダ選手は「とてもいい経験だった」と振り返っています。

 

「icenetwork」さんの記事より抜粋意訳

コリヤダは、オープニングの4回転トゥ+3回転トゥを着氷すると、たたみかけるように力強い3回転ルッツとトリプルアクセルを、モーツァルトの楽曲に合わせて跳んでみせた。すべての要素がレベル4.

 

23歳のコリヤダのプログラム・コンポーネント・スコアは45.22で、ネイサン・チェンより少し高かった。が、テクニカルスコアは54.86で、2位となった。

 

f:id:tanegashimapi:20180323194343j:plain


「やろうとしたことすべてができました」と、2度のロシア選手権チャンピオンは言います。

「プログラムを少し簡単にしましたが、うまく演じられたのでうれしいです。すべてがうまくいきました。今日の僕は、戦闘モードでした。そして、いい気分でもありました。どうやればいいか分かっていることをすべてやって、しかも上手くいったんです」


セントペテルスブルク出身の彼は、プログラムの難易度を下げるために、意図的に4回転ルッツをショートからはずした。このため、ミスなくクリーンな演技をすることができた。

 

また、コリヤダは、オリンピックは間違いなくとてもよい経験だったと感じていた。


「何が成し遂げられようと、そうでなかろうと、ポジティブな感情しかありません。どのアスリートにとっても、重要な大会です。それは、人生における夢です」


「オリンピックの後、僕はいくつかの決断をし、練習を続けました。奇妙に聞こえるかしもれませんが、表彰台に上がるためには、表彰台に乗ることを意識するべきではありません。やることをやるだけです」

フリーにも、同様の構成で臨むつもりでいる。

 演技が終わった瞬間に本人が言った「OK」も新鮮。ロシアの人も「OK」って言うんだな・・・万国共通か。 

 

歌うデニス・ヴァシリエフス

ショートでもっとも音楽性を感じたのは、デニス・ヴァシリエフス選手。すばらしい音楽との一体感!! 体から歌声が聞こえてくるようです。・・・と思ったら、ほんとにデニス自身も歌っていました。


この曲を滑る時は、いつもだいたい歌っていますが、今回は気分が乗っていたのかもしれません。ずっと歌っていたように見えました。


しかし、何と言ってもプッチーニの歌劇『トスカ』。腹から声を出す歌唱が求められます(スケーターでも?)。ジャンプも跳べば、スピンもする。その合間にステップと歌唱。顔がいつにもまして紅潮して、大変そうに見えました。

 

あまりに気持ち良さそうに歌っているので、何を歌っているのか調べてみました。

ウィキペディアさんとyoutubeさんによると、「妙なる調和」は、教会の壁に絵を描きながら、テノールの男性がはしごの上で歌う曲のようです。オペラに詳しい方、無知はご容赦いただきたい。


「恋人の歌姫トスカと、画のモデルになっている女性と、天はそれぞれに美を与えたもうた。二つの異なる美が調和している。しかし、わが心はトスカに」という愛の歌らしい。繰り返しますが、オペラに詳しい方、私の無知をご容赦いただきたい。

(歌詞)

黒髪のトスカは僕の恋人~♪

もう一人は、金髪の美しい人~♪

それぞれの美しさを一つに溶かし、なんという妙なる調和~♪

(しつこいですが、オペラに詳しい方、無知はご容赦いただきたい。)


黒髪のトスカは僕の恋人~♪ (えっ、黒髪?)

f:id:tanegashimapi:20180323201021p:plain


もう一人は、金髪の美しい人~♪ (えっ、金髪?)

f:id:tanegashimapi:20180323201039j:plain


それぞれの美しさを一つに溶かし、なんという妙なる調和~♪

・・・これは、もしや・・・2人のための歌?

f:id:tanegashimapi:20180323224004j:plain

でもって、ランビエール伯爵の反応もわかりやすい。
オリンピックのショートでデニスが3Aを失敗した後のキス&クライでは、「あ~は~?」って感じで両手を広げて冷酷な表情でしたが、


今回は、最初からお膝がデニスのほうを向いちゃってます。そして、耳元でウィスパー・トーク。近い! 近~い!

f:id:tanegashimapi:20180323201551j:plain

2人の世界を盛り上げる、芸術的なキス&クライ。さすがイタリア。

 

あの衣装で登場、ネイサン・チェン

そして、遂に登場ネイサン・チェン!!

意外なことに、オリンピックで大失敗したときの衣装を着ているじゃあーりませんか!!

f:id:tanegashimapi:20180323214155j:plain

これはすごい。よっぽど着るものにこだわりがないか、ゲンをかつがないか・・・いや、そんな凡人の考えは失礼だろう。

 

思うにネイサンは、同じ衣装で同じプログラムを完璧に滑って、ベンジャミン・クレメンタインさんの「ネメシス」と、シェイ=リーン・ボーンさんの振付と、ヴェラ・ウォンさんの衣装と、自分自身の演技の記憶を、すばらしいものに塗り変えたかったのではなかろうか。

 

ネットのニュース(?)的なサイトに「チェンは〝亡霊の除霊に成功した〟と海外も称賛」みたいなタイトルの記事があったが、その訳はあっているのか??(笑)面白いけど。

 

icenetworkさんのインタビューから、抜粋して意訳

「世界選手権の出だしには、とても満足しているよ。特に、オリンピックで2度もキビシー、ショートの演技をした後ではね。ショートをもう一度滑る機会があって、うれしいよ。汚名をそそぎたかったんだ。(注:除霊ではないようです)。そして、ついに、ここでやれたことを誇りに思うよ」


ラファエル・アルトゥニアンコーチの元でトレーニングをしてきたネイサンにとって、オリンピックに行くことは夢であり、それがかなった。


「オリンピックに行きたいから、スケートを始めたんだ。だから、オリンピックに行けるのは本当にワクワクしたし、すばらしい経験だった! 開会式はものすごかったし、団体戦でチームのみんなと表彰台に上がったのは、すばらしい経験だったよ。

 

オリンピック全体を考えればジェットコースターのようだったけれど、すべてのことが、自分が思い描いていた通りかそれ以上のものだった。その経験の一部に自分がいられたことが、とても幸せなんだ」


フリーは、できるだけクリーンな演技がしたいと思っている。どの種類の4回転を何本跳ぶかは決まっていない。


「状況は変わる。フリーまでまだ日があるので、じっくり考える時間があるよ。順位については、過去にもいろいろ意識したことがあるけど、そういうことを考えるとロクな結果にはならなかった。だから、現時点での賢い選択としては、自分がコントロールできることに集中して、試合の場に出ていって楽しむこと、できる限り最高の滑りをすることだと思う」

「オリンピックで多くのことを学んで、それを活かして、ショートの演技に臨んだんだ。やったことは、そんなに変わっていないけどね。演技により集中したことぐらいかな。それが、オリンピックでつまずいた部分だったので。オリンピックの経験は、本当に今回の助けになったよ」

 またしても、ひじょーに長いブログを、最後までお読みいただきありがとうございました。