オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

新大阪駅の「サインもらい屋」&宇野昌磨の賢いサイン

こんにちは。フィギュアスケートもいよいよオフシーズンに入ったので、心安らかにすごしたいと思う種子島ぴーです。

さて、先日、仕事で新大阪駅に行ったときのこと。新幹線に乗る前に、トイレを探して構内をぶらぶら歩いていると、全速力でダッシュしていく男の子たちがいた。手に手に、白い色紙を持って。

f:id:tanegashimapi:20180418101302j:plain

いたぞー、あっちだー

歩いて行くと、某プロ野球選手が、サインをしている姿が見えた。野球選手としては小柄で、物静かなタイプ。選手の前には8名ほどが行列を作っていて、彼は、無言で黙々とサインをしてあげていた。

「なんてすばらしい選手なんだ!!」。私は、感動しましたよ。仕事の途中だろうに、荷物を地面に置いて、足を止めて野球少年たちにサインをしてあげるなんて。サインをもらう少年たちも、メモ帳やチラシの裏ではなく、きちんと色紙を用意していた。

「駅構内に、色紙を調達できる文房具やさんがあるのだろうか」などと考えつつ、私はトイレへ。その後、お土産屋さんを物色し、30分ほど経過してから同じ場所を通ると、あの野球選手がまだそこにいて、サインを書き続けているではないか!!


「ずいぶん、長い間、サインをしているなぁ」と思いながら選手のほうを見ると、彼は、救いを求めるような眼差しで私のほうを見た。平日の昼下がりで、通行人はほとんどいない場所。なんとなく違和感・・・。


よくよく見ると、サインをもらっている男たちは野球少年でもなんでもなく、20代の若者たちだった。しかも、サインのもらい方が手慣れていて、「あー、いいです、いいです、そのままで」みたいなことを言いながら、手早く色紙を回収していく。 その様子をスマホで撮影している人もいた。 

f:id:tanegashimapi:20180417210621j:plain

宛名は入れずにお願いしますよー

後日、私は、新大阪駅や名古屋駅に、「サインもらい屋」がいることを知ったのである。大量の色紙を準備して駅構内で待機し、芸能人、スポーツ選手、ちょっとでも名の知れた人を見つけると、ダッシュしてサインをもらいに行く集団だ。

怖~い


サインはオークションなどで販売され、その際、サインをもらっている時の写真を添えて、本物である証明にしたりするらしい。

気になって、新大阪駅で見た野球選手のサインを調べてみると、売られていましたよ、オークションサイトで!! これがまた、しっかりとした字で丁寧に書かれていて、心が痛む。

サインをもらうのは、悪いことではないと思う。東京都のスポーツセンターに行くと、入口にスポーツ選手たちのサインと写真が飾ってあって、少年・少女が目をキラキラさせて見つめている。好きな選手にサインをもらったことを、心のよりどころにしている人もいるだろう。

ただ、売るためにサインをもらうのは寒々しいし、サインを買うのも理解できない。サインって、カタチというより、相手が自分のために割いてくれた時間や、サインしてもらったときに交わした会話、記憶が貴重なのではなかろうか。

先日、「プリンスアイスワールド」の予約案内が届いて、「ふれあいタイムにリンクサイドで出演者にプレゼントを渡したり、写真を撮ったりできるのは、限られた座席エリアの人のみに変更。時間も30分以内」というような注意書きがあった。(詳細はご自身でご確認ください)。

それを見て、例のサイン事件(?)を思い出し、「出演者を守る意味もあるのだろうな」と思ったわけである。

 

 

 

宇野昌磨選手のサインも売られていた。

私は、宇野昌磨選手の素人っぽいサインが好きである。
みなさんも、小さい頃、自分のサインを考えてみたことありませんか?

私も、中学時代に友人と遊びで考えてみたのですが、なにせ、デザインセンスがゼロ(泣)。たいしたアイディアも浮かばず、「平仮名で名前を書いて、線を一か所ビヨヨーンと長く引っ張り、適当に交差させる」というありがちな展開に。

あっ、ちょうど、こんな感じです(笑)。

f:id:tanegashimapi:20180417211933j:plain

f:id:tanegashimapi:20180417212508j:plain

シンプルなデザインではありますが、スペースに合わせて長さや幅は調節させて頂きます。

昔、ちび昌磨が、ノートにサインをいっぱい書いて練習しているのをテレビで見ました(かわいー)。練習の成果がこれかー。

 

念のため、昌磨のサインも売られているのかチェックすると、ありました。お値段3万9800円(こちらは、オークションではなく専門店) 。

【直筆サイン入り写真】 宇野 昌磨 グッズ フィギュアスケート /ブロマイド オートグラフ /当日のサイン中写真付

価格:39,800円
(2018/4/18 10:56時点)


ちなみに、同じショップで、浅田真央ちゃんは4万9800円。

【直筆サイン入り写真】 浅田 真央 グッズ フィギュアスケート /ブロマイド オートグラフ /当日のサイン中写真付

価格:49,800円
(2018/4/18 10:57時点)

彼女のほうが高額なのは、納得です。が、あれ~、本田真凛ちゃんや坂本花織ちゃんのサインは、5万9800円。

【直筆サイン入り写真】 本田 真凜 グッズ フィギュアスケート /ブロマイド オートグラフ /当日のサイン中写真付

価格:59,800円
(2018/4/18 10:58時点)

【直筆サイン入り写真】 坂本 花織 グッズ フィギュアスケート /ブロマイド オートグラフ /鑑定済み

価格:59,800円
(2018/4/18 10:59時点)


昌磨のサインのほうが安いの? (真央ちゃんはキャリアが長いので、世の中に出回っている数が多いのでしょう)。

そもそも、この値段設定がどうなんだって話もありますが、とりあえず、何が違うのか、3人のサインを見比べると・・・

わかった!! 真凛ちゃんと花織ちゃんのサインには、かわいいハートマークが書かれているよ!!


昌磨も、どこかにハートマークを入れてみたらどうなの?

f:id:tanegashimapi:20180417215027j:plain

「よ」の横棒をハートに。(注)このサインには手が加えられています。

ちょっと物足りないな。ハートマーク、2つくらい入れとく?

f:id:tanegashimapi:20180417215053j:plain

「ま」の先端にもハートマークをプラス。(注)このサインには手が加えられています。

なんか、昌磨の雰囲気じゃないな。タレントではなく、アスリートですからね。無骨なくらいが、好感を持ててよいのかもしれません。

しかも、とーっても真似しやすい昌磨のサイン(笑)。本物かどうか見極めにくいので、逆に売買されにくいというメリットもありそう。昌磨、頭いいよね。


本人に目の前でサインをしてもらった人だけが、その価値を知っている。そういうサインがいいよね。