オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「icenetwork」翻訳。アルトゥニアンコーチ大人気。本田真凛、韓国のイム・ウンスと同門に。

こんばんは。初夏を思わせる強い日差しに、南の島でのバカンスを夢見る種子島ぴーです。

 

本田真凛ちゃん とイム・ウンスと同門に。

さて、本田真凛ちゃんが米国のアルトゥニアン・コーチの元へ向かい、ネイサンやアシュリーやリッポンに可愛がってもらえるかな~とわくわくしていましたが、なんと、アルトゥニアンチームに新しく入るのは、真凛ちゃんだけではありませんでした。

韓国のイム・ウンス選手も、アルトゥニアンコーチの門下生になるようです。

 

f:id:tanegashimapi:20180419190543j:plain

イム・ウンス選手と言えば、キム・ヨナ以来、メダル圏内から遠ざかっている韓国女子フィギュア界で、「ジュニア時代の演技はキム・ヨナを超えた」「キム・ヨナの再来」と、期待を一身に集めている選手です。手足が信じられないくらい長く、ジャンプが跳べて表現力もあるという逸材。間違いなく、韓国のスケート協会が「大切に育てたい選手ナンバーワン」だと思いますが、オーサーコーチのところへは行かなかったのでしょうか。ご本人の希望なのかな。とにかく、真凛ちゃんとのライバル関係も楽しみですね。

そんなニュースも盛り込まれた、「icenetwork」の記事を抜粋意訳していきたいと思います。

アルトゥニアン、新入生を迎える。

web.icenetwork.com

ネイサン・チェン、アシュリー・ワグナー、アダム・リッポン、マライア・ベルらチームUSAのメンバーと、チェコのミハル・ブジェジナに加えて、レイクウッド・アイスリンクのロッカールームに、ニューフェイスがやってきます!(中略)

一人は、日本の16歳、本田真凛。2016年のジュニア世界選手権チャンピオンで、昨秋に力強いシニアデビューを果たして2018年シーズンに入る、とても人気のあるスケーターです。すでに日本を離れて、アルトゥニアンの所でトレーニングを開始。先週、カナダのローリー・ニコルと、振り付けをしています。

 

アルトゥニアンによれば、2018年のジュニア世界選手権で5位だった韓国の15歳イム・ウンスも、4月の終わりに到着するそう。さらに、中国のスケート連盟とも、2022年の北京冬季オリンピックに備えて、2人の男子シングルスケーターを教える線で、話し合いに入っています。

水曜日に22歳になる、2度のワールドメンバーであるマライア・ベルは、来シーズン、アルトゥニアンとトレーニングを続ける予定。チェコのミハル・ブジェジナとロマン・ポンサール(仏)も、アルトゥニアンのリンクに戻ってくるものと思われます。

(しかし、門下生は美男美女だらけですなー!!)

ネイサンも師弟関係を続けます。

ニュー世界選手権王者であり、平昌オリンピック5位、全米2連覇中の18歳のネイサン・チェンは、最近、エール大学入学が認められました。最近のインタビューによれば、チェンは秋からの学期に入学し、競技生活を続けるだけでなく、エール大学から2875マイル(約4600キロ)の彼方にいるアルトゥニアンと、トレーニングを続けたいと話しました。

(北海道から沖縄が2200キロ。その倍? まぁ、父と息子だから)

f:id:tanegashimapi:20180419184330j:plain

ネイサンが他のコーチと組むのもイメージできない。

アルトゥニアンの話では、7年間も師弟関係にあるネイサンとは、いくつかの可能性について話し合ったとのこと。レイクウッドでのスターズオンアイスで、ネイサンが3日間滑っていた間に。

 

 

「ネイサンは、勉強もスケートもやりたいみたいなんだ。彼はとても賢いから、両立が無理だと思ったら、何か手を打つだろう。競技会でヘタな演技をしたくないからね」

「もちろん、彼は、夏休みは私と一緒に過ごすだろう。そうすれば、3カ月ほどモリモリ練習できる。競技会の前に、6日間とか10日間とか、エール大学の近くまで来てもらえるかどうかも聞かれたよ。」 

 

どうする、リッポン&ワーグナー?!

アルトゥニアンは、リッポンとワーグナーとは、将来についてまだ話していないと言います。


「彼らは、今、人生を謳歌しているから、邪魔したくないんだ。考える時間をあげたい。5月の半ばくらいには、『どうするか教えてくれよ』って言うだろうけどね」

 

他の選手たちと同様、アルトゥニアンは、28歳のリッポンが競技から引退するだろうと予想している。

今やリッポンは、オリンピックに出たことで株を上げ、魅力的なパフォーマーであり個性の持ち主であることを、スケート界よりはるかに広い範囲に向けて知らしめました。

現在は、4月30日から4週にわたって放送されるオールアスリートバージョンの「ダンシング・ヴィズ・ザ・スターズ」で競っています。

 

ワーグナーは、SNSで本人が認めていることによると、1月の全米で4位になってオリンピックの選考から漏れたショックから、立ち直ろうともがいています。


アルトゥニアンは、ワーグナーがスケートを続けるならば、27歳の彼女が、“米国女子フィギュアのエリート”であり続けられると思っています。

 

f:id:tanegashimapi:20180419183730j:plain


とりわけ、平昌オリンピックでの米国女子が、9位、10位、11位と、米国が3枠を取ったオリンピックの中で最低の成績だった現在においては。米国女子のシニアレベルは、才能のある選手が不足しています。
(中略)
「彼女が、もう4年、勝ち残れるとは思わないけれど、1、2年ならいけるだろう。もし、彼女が続けたいのならば。でも、だれにも強制したくないんだ」

「彼女と一緒にやるのは、簡単ではないよ。私はいつも、(競技会の?)準備をするように、彼女を急かさないといけないんだ」

スター選手を多く抱えるアルトゥニアン門下に、変化のときが訪れようとしているのでしょうか。