オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

浅田真央ちゃんと気持ちは同じ。カナダチームも小都市でサンクスツアー開催。

「浅田真央サンクスツアー」のチケットを、虎視眈眈と・・・

こんばんは。「浅田真央サンクスツアー」関東地方の公演チケット発売を、忍耐強く待っている種子島ぴーです。

f:id:tanegashimapi:20180606232943j:plain

 

実家が札幌なので、7月の札幌公演のチケットを、道民先行予約で取ってもらおうかとも思ったのですが、「真央の演技をまだ見たことのない人の所へ」という真央ちゃんの気持ちに反する気がして、思いとどまりました。
埼玉か神奈川の公演に行けるといいのですが・・・

 

さて、「カナデイアン・プレス」によると、カナダでも「サンクスツアー」が開かれるようです。さっくりと訳します。

テッサ・バーチュとスコット・モイア、カナダ横断「Thank Youツアー」の主役に。

---この秋、西海岸から東海岸まで30都市で開催---。

The Canadian Press • June 6

アイススケートの恋人、テッサ・バーチュとスコット・モイアは、「Thank You Canadaツアー」の旅に出るベテランアスリートに名を連ねています。

f:id:tanegashimapi:20180606233237j:plain

 

オリンピック金メダリストの2人は、メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード、パトリック・チャン、ケイトリン・オズモンド、エルビス・ストイコらの仲間に加わります。 

テッサ・バーチュは、日本のヴォーグ誌にも登場します。

 

 (誰か、わたしの頬をつねって! 日本でヴォーグ誌の撮影をしてるなんて!!究極の夢がかなったわ。)

 (今日のヴォーグの撮影の舞台裏を、ちょっとご紹介するわね。「目が覚めたらすべてが夢だった」なんてことになりませんように!!すごくすごく素敵な撮影をしてくれたヴォーグのすばらしいチームに感謝。)

 

西海岸から東海岸を横断するショーは、10月5日のアボットフォードを皮切りに、30都市で開かれます。締めくくりは、セント・ジョーンズです。 

f:id:tanegashimapi:20180606230503j:plain

本当にカナダ横断ツアーですね。30か所はすごい!

ツアーは、平昌オリンピックの団体戦金メダルのパフォーマンスの結果として、企画されたものです。

 「なぜ、平昌オリンピックに出ていないストイコ氏が??」と思いましたが、カナダでこのようなショーが開かれるからには、英雄ストイコ氏を無視することはできないからでしょうか。カナダ初の団体金メダルに至る、土壌をつくった人だからかな。

テッサ・バーチュは、「小さな都市における草の根活動が、いかに重要であるかを知っているので、普段、スケートに接することのない都市を回りたい」と話しています。


小さい頃、自分の街で開かれたアイスショーを見て、スケーターを目指す子どもたちがいるかもしれないという意味でしょうか。

30都市も回るなら、何百人、何千人もの子どもたちが、スケートをやりたいと思うでしょうね。なんて素敵な企画~

そして、「テレビでしかスケートを見たことのない人たちのところへ行って、感謝の気持ちを伝えたい」という思いは、浅田真央ちゃんに通じるものがありますね。

「Thank Youカナダ」ツアーのチケットは、金曜から発売されます。

10月から30都市で30公演以上だから、オンシーズンに現役選手が参加するのは難しいでしょうね。ケイトリン・オズモンドは、今シーズンは競技をお休みするみたいなので、公演はちょうどいい・・・と言ったらへんですが、スケートを続けながら表現に磨きがかけられそうです。