オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「Heroes & Future 2018 in NAGANO」備忘録。第一章「若きホープたち」。

こんにちは。長野に「Heroes & Future 2018 in NAGANO」を見に行ってきた種子島ぴーです。

f:id:tanegashimapi:20180611151333j:plain


感想は、「行ってよかった!!!」。それしか言葉がない(笑)。

最後の最後に、長野駅でネイサン・チェン選手にも会えたし!!

f:id:tanegashimapi:20180611145931j:plain

黒いナイキのリュックを背負って、ひょっこり現れたネイサン。「手さげが重いのでいったん地面に置く」の図。ストイコ選手、マリナ・アニシナ&グェンダル・ペイゼラ選手もいたかも。違ったらすみません。


あまりに豪華な出演者たちと濃すぎる内容に、昨日は頭が飽和状態でしたが、すべてを忘れる前に、誰が何をやったのか書き留めておこうと思います。記憶違いもあると思いますが、さらっと流してくださいませ。

石が飛んで来そうな本音の感想も書いちゃいますが、怒らないでーー。

(演技中の写真は撮影禁止なので、参考写真だけです)

★Gettyimagesさんからお借りしている写真に、広告が表示される場合があります。

 

美しいオープニングにうっとり。

平昌オリンピックから長野オリンピックまでをさかのぼって、ハイライトシーンが会場スクリーンに映し出されていきます。「Heroes & Future 2018 in NAGANO~長野オリンピック・パラリンピック20周年記念事業~」という、今回のショーのテーマを確認。
平昌の羽生・メドベージェワ選手、バンクーバーの浅田・高橋選手、トリノの荒川選手などなどさかのぼって行き、本田武史・キャンデロロ・ストイコ選手の映像も。

バンクーバー女子金メダリストの映像なし。流れていたら、会場の温度が5度下がっていたと思う。Good.


続いて、出場選手たちが、登場。2人ずつぐらいで、スピンをしたりジャンプをしたりリフトをしたり、丁寧な顔見せをしてくれる演出がうれしい。

一度に大人数がリンクになだれ込んでくると、頭の回転が悪い私は、誰がどこにいるのか探そうとパニックになって、結局、誰がどこにいるのか把握できないまま終了~というケースが多いので。

f:id:tanegashimapi:20180611173418j:plain

リンク全景。*演技前、休憩時間は撮影OKとのこと。


だいたい、こんな組み合わせだったと思います。(敬称略)

・白岩&紀平
・三宅&須本
・樋口&宮原
・山本&友野
・村元&リード
・田中&宇野:昌磨は刑事君と二人で登場し、シンクロスタイルのクリムキンイーグルを披露。

刑事君、そこそこクリムキンできてなかったけどね(笑)優しいから、昌磨に合わせてやってくれたのかな。身長が高いとやりにくそうだよね。

・本田&ストイコ
・マリナ・アニシナ&グェンダル・ペイゼラ
・キャンデロロ
・マイア&アレックス・シブタニ
・ネイサン&ハビ

一番、「おおっ」と思ったのは、ネイサン&ハビペア(笑)がスプレッドイーグルでリンクに入ってきたとき。この二人の氷の上でのシルエットが大好きなので、ダブルで現れてくれるなんて奇跡だ。

・メドベージェワ
・プルシェンコ・羽生:リンクを出るとき、2人でハイタッチしてました。
これで全部だと思いますが、万が一漏れがあっても他意はございません。


最後は、みんながリンクに出てくるわけですが、スワロフスキーがきらきら光を放つ白い衣装の群舞は、ほんとーーーーに美しかった。今まで見たオープニングで、一番うっとりしたかも。

リンクを去り際にライトが落ちると、ベテラン選手たちは、氷の感触を確かめたり、軽くウォーミングアップしたり、ギリギリまでリンクで粘ってました。さすがです。

第一章「若きスケート界のホープ」

最初に、これからの日本のスケート界を背負って立つノービスやジュニアの選手たちの章がスタート。

長野のノービスのスケーター2人が登場。

ノービスの大久保正宗くんは、前半、ジャンプがなかなか決まらず。こんなすごすぎる面々に囲まれた舞台でトップバッターなんて、体が動いただけでもすごい。私なら硬直してリンクの入り口で倒れてるな(笑)。井口せなちゃんは、ドンキホーテを堂々とプリマの風格で滑ってました。

 

見た目別人、三宅星南くんの肩見せ投げキッス

赤いジャケット姿で現れたジュニアの三宅選手。手足が驚くほど長くなって、全体的に細身に。顔もシャープになって、別人のよう。というか、モデルか??って感じでした。

↓この衣装だったと思います。今回の写真ではありません。

 

Ricky Martinの「Livin' la vida loca」(別名郷ひろみの♪アーチーチー、アチ)で、ジャケットの両肩をはだける“郷ひろみ芸”を披露。1回、2回・・・途中まで数えていたけど、8回肩を出したところでわからなくなった。ついでに、投げキッスも大サービス。

恐ろしいほど美形進化を遂げた三宅選手。でも、肩見せくらいじゃ驚きません。過去のEX「アフロ サーカス(映画『マダガスカル3』)」の衝撃に比べたら、まだまだ。どんな作品も臆することなくできる逸材だと思う。

2015WTT EX Sena Miyake - YouTube

 

白岩優奈のセカンドループ

青い衣装の白岩選手。60年代のアメリカンポップスだと思うけど、曲名がわからない。歌詞にSweet Babyって言葉があった気がするが・・・とにかく、popでのんびりした曲調にも関わらず、内容はグイグイすごい。3回転連続を2度跳んで、一度はセカンドにループがついていて「おぉー」。浅田真央ちゃんや安藤美姫ちゃんを思い出した。氷の上を移動するスピードが速いし、上手い選手であることは一目瞭然。女子トップ集団の一人であることを、改めて認識させてくれました。

 

背筋を伸ばして見たい山本草太の「G線上のアリア」

演目は、今季ショートの「G線上のアリア」。山本選手の滑りは、「詩」のような感じです。独特の世界観があるし、着氷で音がしない。始まった瞬間、周りの観客が、一斉に背筋を伸ばして座り直したのがわかりました。3回転も跳べるまでに回復し、終わった後、泣いている人も。

それにしても、細い。けど、弱々しくは見えない。氷の妖精みたいな感じ。

 

サンダーストームのような、紀平梨花の滑り。

この日、もっとも衝撃を受けた滑りは、紀平選手の今季フリー。トム・ディクソン振り付けだそうですが、雷鳴とどろく雨の中のような曲「Mercy in Darkness」by Two Steps From Hell 。 その世界観の中で、梨花ちゃんのジャンプが本気過ぎ。


「トリプルアクセルか、連続3回転ジャンプか手を上げたタノジャンプしか跳びません!」って感じで、冒頭のトリプルアクセルに失敗したら、再度トリプルアクセルに挑戦。転倒するも、単独ジャンプは手を上げて2度跳んだっけ? 3連続ジャンプも跳んだと思う。力み過ぎているように見えたけれど、失敗しても失敗しても、果敢に疾走して攻めていく姿に度肝を抜かれました。

文字通り、サンダーストームのような滑り。最後の方で、後ろ向きに滑っているときに転んで、頭を打って後転したときには、心臓が止まるかと思った!! けど、何事もなかったように演技を続ける梨花ちゃん。この人は、すごい。

★転倒大丈夫だったみたいです。ほんとによかった!!

 

須本選手の驚きの安定感。

須本光希選手は、新フリーを披露。「若いのに、なんなんだこの安定感は?!」というくらい、ジャンプに安定感がありました。

曲名はわからず。アルゼンチンタンゴかなと思ったけれど、途中でアンドレア・ボッチェリ風のボーカルが入る(←この情報はあてになりません)。この力強いボーカルに、全然、負けてないダイナミックなジャンプと骨太の滑りでした。

 

ここまでで、若きホープの章は終了です。

っていうか、ブログの記事が長くなりすぎて、腱鞘炎になりそう。3回くらいに分けないと無理だな。この記事に終わりは来るのか?? 

f:id:tanegashimapi:20180611171154j:plain