オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

今年もアドレナリン全開か?! 宇野昌磨選手、ロンバルディア杯にエントリー。

今年も、ロンバルディアが昌磨を待っている!

こんばんは。一日中、クーラーを浴び続けて、身体が冷え冷えの種子島ぴーです。

さぁ、元気にまいりましょう!! 

 

「ロンバルディアと言えば、昌磨」「昌磨と言えばロンバルディア」ということで、今年も宇野昌磨選手がロンバルディア杯にアサインされました。

9月12~16日、イタリアのベルガモで、坂本花織選手と共に参戦します。


って、当たり前のように言っていますが、ベルガモってどこなんだい?
はーい、イタリアの北部です。中世の街並みが残る素敵な街ですね。

ロンバルデイア州政府の公式サイトはコチラです。

ベルガモ BERGAMO

昌磨は、2016年、2017年と続けて金メダルを取っていますので、現地に応援に行かれた方は、なじみの宿泊先、レストランなどが決まっているのではないでしょうか。

 

昨年のロンバルデイア杯では

振り返ってみると、昨年の10周年記念大会では、早めに現地入りした昌磨がシーズン序盤からアドレナリン全開!!

 

フリー後半のもっとも疲れる場面で、「あはは、あはは」と笑いながらリンクを疾走し、世界歴代二位の高得点をたたき出して優勝し、全世界のフィギュア関係者を震撼させました(笑)

 

f:id:tanegashimapi:20180723230402j:plain

 

リンクサイドでは、イタリアンマダムたちが、元気に飛び跳ねるかわいい生き物に大興奮。熱い視線と拍手を送っていましたね。

f:id:tanegashimapi:20180723230015j:plain

 

一方、街中では、イタリアンガールがかわいい小動物めがけて殺到。昌磨が捕獲されるというアクシデントもありました。
(写真がどこかの新聞のweb版に載っていましたが、探せず)

 

そして、2位のジェイソン君に60点の大差をつけて優勝し、普段静かなベルガモの街は、ちょっとした昌磨フィーバー。

 

今回も、ベルガモ市民一同、手ぐすね引いて“おひさましょうま”を待ってます。(たぶん)

イタリア大使館さん、そろそろ、親善大使にどうですか??ワインも飲めるし、肉も食いまっせ!!