オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

お勧めのモノ・コト・サービス

【JALどこかにマイル実行記】オープントップバスの無理ムリ解説に、福岡県人の底力を見た。

JALの「どこかにマイル」に触発されて、2泊3日の福岡旅行に出かけた。 マイルを使うと言えば、香港やグアム、ハワイ旅行。国内旅行は新幹線がメインの私にしては、フレッシュな選択だった。 (興味のある方は、こちらの記事もご覧ください) www.tanegashimapi…

電力不足でレッスン中止?!「DMM英会話あるある part2 」。【DMM英会話口コミ】

// 2年間で750レッスン受けた私の「DMM英会話あるある」のpart2です。 Part1にご興味がある方はこちらをご覧ください。 www.tanegashimapi.com 講師の国のことを付け焼刃で調べる アルメニアの首都はどこ? .ルーマニアの人口は、どれくらい? DMM英会話で、「…

話題の「声かけ不要バッグ」を使う人の割合はどれくらいなのか、見に行った。

私は8割くらいの洋服をネットで購入する。 実店舗でショッピングをするのが苦痛でたまらないからだ。 店舗の敷地に一歩足を踏み入れた瞬間に、「いらっしゃいませ~。ゆっくりご覧くださいませ~」と言いながら、店員さんが、ゆっくり見させまいと近づいてく…

2年間で750レッスン受けた私の「DMM英会話あるある Part1」。【DMM英会話口コミ】

// DMM英会話を2年以上受けていた。一日1回、ほぼ毎日受けて、750レッスン。世界約60カ国の人たちと話せて、自宅にいながらワールドワイドに視界が開ける感じが、すごく楽しかった。 毎日レッスンを受けていると、中毒性みたいなものが出てきて、DMM英会話を…

キーボードをたたく気力がないとき、自動テープ起こしソフトがほしいとき、Googleの音声入力システムが超便利。

自動テープ起こしソフトは使えない 会議や取材で録音したテープを、自動で書き起こしてくれるソフトウェアはないかと、探してみたことはないだろうか。人と話すと魂を吸い取られたように疲れてしまう私にとって、「話し声をラクして文字に起こす」は永遠のテ…

Google Chrom(グーグルクロム)がどうにも重たいのを瞬時に解消できた方法

Firefoxがどうにも重くなったので、Google Chromに変えてみた。 最初はサクサク動いていたが、やがてどんどん重くなり、動きを軽くする拡張機能を入れてもお手上げ状態になってしまった。うーん、困った。

謎の物体「プリモプエル」と暮らすお婆さん。

「はい、たっ君、お姉さんに『こんにちは』して」。 「こんにちは」。 信号待ちをしていたとき、肩越しに話しかけられて振り向くと、こんな物体が私を見つめていた。 さいしょ、「犬かな?」と思ったが、それは、赤ちゃんのような洋服を着せられた、ぬいぐる…

ブログ初心者共有【お絵かきソフトがなくても記事にイラストをつけられるよ!】

ブログを始めて丸1カ月。これからブログを始める人のために、私が苦心したことをメモしておきます。まるっきり文系頭のブログシロウト仲間向けの情報なので、達人は無視してください。 このブログの「香港ひと昔話」では、自作のテキトーイラストを入れてい…

連休が明けたら旅に出よう。「JALどこかにマイル」を150回検索してみた。

連休中、どこへも行けずに家にいるみなさん、連休が明けたらどこかへ旅に出かけませんか。観光地の人出もおさまって、のんびり日本を満喫できます。 予算がない? そういうときは、JALの「どこかにマイル」がおすすめです。2016年12月にスタートした新サービ…

死に向かう強烈なエネルギーにあてられた草間彌生「わが永遠の魂」展。

遅ればせながら、国立新美術館で開催されている草間彌生展「わが永遠の魂」を観に行った。私が草間彌生さん(以下敬称略)に興味を持ったのは、彼女の話す奇妙奇天烈な英語に衝撃を受けたことがきっかけだった。「文法が間違っていても堂々としている」といっ…

都道府県の形がわからず、JALの「千社札シール」で乗務員と会話できなかった件。

JALの機内で機内誌「SKYWARDS」を読んでいると、「縁都道府県バッジ・千社札シール」期間延長中! という記事が。縁(ゆかり)都道府県バッジとは、客室乗務員がもっとも縁があると感じる都道府県のバッジを、機内サービス時に着用するというもの。 生まれた場…

東京都推進のヘルプマークは、見えない病気や障害を抱えて電車に乗る人の助けになる。

少なくない数のビジネスマンが、病気やケガを押して、仕事をしていると思います。 病気は外から見えないことが多いし、義足などは服に隠れている。一般の人たちと同じように満員電車で足を踏ん張り、吊革につかまっている人たちには、本当に頭が下がる思いで…