オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「来季のSPはこの曲で決まり!」CBC解説翻訳。12月の夜にぴったりなグランプリファイナル宇野昌磨EX「タイム・アフター・タイム」。

癒しの「タイム・アフター・タイム」

f:id:tanegashimapi:20181211014755p:plain

 

こんばんは。今年一番の寒さに震える種子島ぴーです。

さて、昨日は、メダルセレモニーや受賞記者会見での陰のある表情が心配だった昌磨ですが、エキシでは、元気な笑顔を見せてくれました。

優勝したら「グレイト・スピリット」、そうでなかったら「タイム・アフター・タイム」を滑ると思っていましたが、予想的中(汗)

大人の色気うんぬんで、シーズン前からファンに高評価だった「タイム・アフター・タイム」ですが、実は私はそこまで魅力を感じていませんでした。

というより、「グレイト・スピリット」が見たい!! 見せてくれ!!といった感じでしょうか。

が!! 幸か不幸か、今の昌磨の精神状態が「タイム・アフター・タイム」にぴったり合致していたのか、たいへんたいへんいい演技を見せていただきました(笑)。

手で、前頭葉から後頭部にかけて髪をなでるしぐさがグッド。
なんとなく憂いを帯びた表情もグッド。
アドレナリンが抑えられた感じもグッドでした。

ジャンプの着氷が乱れる場面と、続くスピンがややざっくりになった場面がありましたが、それさえも退廃的でいい感じ(ほんとかよ!!)
クリムキンも、今季最長??

f:id:tanegashimapi:20181210211842j:plain

 

見ながら、な~んか心が癒されていく感じがしました。

12月の寒い夜、バーで一杯飲んで外に出たら、死ぬほど寒かった・・・そんな情景が浮かんできました。勝手な想像ですけどね。

そんな昌磨のエキシビションのCBCカナダ解説を訳します。

解説はカート・ブラウニング&キャロル・レーン。言葉をかぶせ気味にしゃべるお二人なので、聞き取れない部分もあります。信頼度75パーセントでお楽しみください。

「来季のSPはこの曲で決まりね」

www.youtube.com

キャロル)「花嫁付添人は、花嫁にはなれない(いつも二番手で一番になれないという例え)」というフレーズを知ってる?  彼のことみたいよね。彼は、グランプリファイナルでいつも銀メダルなのよ。←言うなー!! それを言うな~!!(笑)

でも今日は、髪にゴールドのキラキラメッシュが入っているわ。

彼は、オリンピックでも銀メダル、世界選手権でも銀メダル・・・

彼がこんなふうに滑り続けてくれたら、それだけで私はハッピーだわ。

カート)んだねー

オーケー!! 「来年は、この曲でショートを滑る」に一票。ファンタ―スティックだと思うわ!!!

 

音楽は、ハリー・コニック・ジュニアによる「タイム・アフター・タイム」。

僕のお気に入りのスケーターが、お気に入りの曲で滑ります。

私も大好きな曲よ。

 

おっほっほー。彼のスケーティング技術は、マスタークラス(一流)に達したね。

(クリムキン)おぉ~なんて動きだ←ココ歓声でよく聞き取れず。

 

おぉ~ カモ~ン(なんて演技だ)

×××エレガントだわ。エレガント。

 

(メロメロの声で)すごくいいよ。は~(溜息)すっごく楽しめた。

はぁ(溜息)宇野昌磨。今年のシルバーメダリストでした。
 

彼は、氷上を支配しているわね。彼の身長は5フィートいくつって言ったかしら。5フィート3インチだっけ、 4インチだっけ? 私のほうが彼より高いと思うんだけど。

誰がだって?(←無視)

でも、彼は氷の上ではとても大きく見えるのよ。

それはつまり、えーと、こうだ。このプログラムは、繊細な個性がたくさんつまっていて、私が競技で彼に望むいくつかの問題への答えになっている。

キャロルに同意するよ。競技でこのプログラムをやるべきだ。(←最後よく聞こえず)

 

若いスケーターたちがスプレッドイーグルをし、得点を数え、汗をほとばしらせる。観客はそういうのが好きよ。(←よく聞こえず)

オーケー。よかったよ。昌磨。

(完。おやすみなさい)