オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

ネイサン史上いまだかつてない満点衣装

こんばんはー。

ネイサン・チェン選手が北京に到着して、リンクで練習したり取材に応じたりしたようです。

情報が出てくるのはうれしいけど、コロナ感染が怖いから、取材対応はしなくてもいいのに・・・と心配。

 

さて、そんなネイサンの、素敵すぎる映像が公開されました。

@NBCOlympics x @jurassicworld

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

 

まさに息をのむ世界観に、何度も何度も繰り返し見てしまいました。

恐竜(パラサウロロフスさん?)を見つめるネイサンの表情も素敵。

 

f:id:tanegashimapi:20220129200355j:plain

 

恐れるでもなく、驚くでもなく。

敬意をたたえながらも、恐竜さんより強いまなざし。

 

f:id:tanegashimapi:20220129200415j:plain

さすが王者。恐竜に負けてない。

 

うーん、いい!! ほれた!!

この世界観は、どこを切り取っても美しい、ネイサンの洗練された滑りがあってこそ。

 

昌磨なら、中世の荘厳なお城。

舞依ちゃんなら、神秘的な森の中。

ケージ・タナカなら、激しいアニメ空間。

コリヤダ君なら、グリム童話の絵本の世界。

 

・・・といった映像がぴったりな気がしますが、

まさか、恐竜が住んでいたというジュラ紀、白亜紀、ペルム紀にマッチするスケーターがいたとは驚きです😱 盲点だった。

 

何より感動したのは、ネイサンが初めて、T.P.O(ティー・ピー・オー)に合った衣装を着ていたこと。

 

恋に破れた恨み節も(ネメシス)、亡命舞踏家の紆余曲折も(小さな村の小さなダンサー)、自由を求めて国境を越える男も(Land of All)、大御所シンガーの半生も(ロケットマン)、

みーんな同じような衣装で演じて見せるスーパースケーター、ネイサン・チェン。

 

たいていの場合、衣装が演技の足かせになっていましたが(独断と偏見に基づいた見解です)、今回ばかりは、みごとに“映え(バエ)”ています!!

 

f:id:tanegashimapi:20220129200940j:plain

 

雪、山、氷、立ち込める霧と雲、パラサウロロフスさん…

モノトーンの世界に完璧にマッチした、ナイキのブラックオンリーウェア。

 

いまだかつて、ここまでT.P.O(ティー・ピー・オー)をわきまえた衣装があったでしょうか??

 

T=TIME(時間)

→白亜紀

P=PLACE(場所)

→雪山に囲まれたおどろおどろしい湖

O=OCCASION(場)

→ジョギング中の恐竜と遭遇

 

そうか!!

ネイサンはスケート、恐竜はジョギングってことで、スポーツつながりでナイキだったのか!!(知らんけど)

とりあえず、衣装は満点!!(笑)


にほんブログ村