オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

ジュニア世界フイギュア選手権、今日から開幕

こんばんは。今日の東京は、小雨で肌寒。

昨日から10度以上も気温が下がってしまっています。

 

そんな中、エストニアのタリンで、1年ぶりの世界ジュニア選手権が始まります。

昨年は、コロナで開催中止になりましたが、今年は、40の国と地域から、計145人が参加。

シニアと同じく、ロシアと中国の参加はありません。

 

エストニアのタリンは、今年のヨーロッパ選手権と四大陸選手権のホストを成功裏につとめて、

すっかり国際大会の信頼できるホスト国になりました。

 

さて、本日19時からは、男子SP。

FODで世界選手権の日程近くで有料配信を申し込んだ人は、

引き続き配信を見られると思います。

https://fod.fujitv.co.jp/title/8243

 

19時からの男子SPには、日本から本田ルーカス剛史・三浦佳生・壷井達也の3選手が出場します。

 

f:id:tanegashimapi:20220414185622j:plain

 

佳生選手は、肉離れから復調しておらず、公式練習ではかなり不調だということです。

ただ、ここ一番に力を発揮する選手なので、見守りたいと思います。

 

  • 表現力も増量してきた本田ルーカス剛史選手は、17番滑走で21時28分ごろの登場。
  • 怪我から復帰して好調の壷井達也選手は、19番滑走21時41分ごろの登場。
  • 世界が注目する高速4回転ジャンパーの三浦佳生選手は、33番の最終滑走で23時37分ごろの登場です。

時間は前後する可能性があります。

 

本命と目されているのは、米国のイリヤ・マリニン選手。

 

f:id:tanegashimapi:20220414185854j:plain

 

シニアの世界選手権での雪辱を果たし、優勝を狙うのは、間違いない。

 

私は、イタリアの新星ニコライ・メモラ選手の美しい『海賊』も楽しみ。

 

f:id:tanegashimapi:20220414185934j:plain

 

カナダのスティーブン・ゴゴレフ選手も注目です。

マリニン君もラファ組だけど、同じリンクにいることはあるのかな?

 

スイスのナオキ・ロッシ選手も、スイスから拠点を移しましたが、急成長。

シニア世界選手権にも出場したミハイル・セレブコ選手も最終グループです。

ウクライナのキリロ・マーサック選手の演技にも注目したいです。

www.isu.org

 

ISUの記事男子部分をななめに意訳すると、

2度のISUジュニアグランプリ大会金メダリストのイリア・マリニン(USA)が、タリンでジュニア男子を引っ張ります。

彼は、先月のシニア世界選手権デビュー戦で9位に入賞。シーズンベスト263.79点を獲得し、シニア世界選手権に大きな期待を寄せています。

マリニンに挑むのは、シーズンベスト251.07点で1月の四大陸選手権銅メダリストになった、日本の三浦佳生。

そして、シーズンベスト232.39を持つカナダのウェズリー・チュウでしょう。

その他の注目選手は、打撲による怪我から復帰した2018年のジュニアグランプリファイナル優勝者ステファン・ゴゴレフ(カナダ)。

エストニアの新進気鋭アーレット・レバンディ、カザフスタンのミハイル・シャイドロフ、日本の本田ルーカス剛史がいます。

 

ということで、19時になったので、試合が始まります😅もっと早く言えって感じですよね。


にほんブログ村