オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「彼女は誰にも似ていない」。2018年4CC坂本花織選手フリー「アメリ」NBC系実況byチャーリー王子翻訳

こんばんは。種子島ぴーです。

とうとう2月になり、平昌オリンピックはすぐそこです!! 選手村も開村してしまいました。

日本のスケートチームが滞在するのは、日本海に面した寒い寒い江陵の選手村。到着予定の今月4日の気温は最高-3度、最低-12度。入村歓迎式は7日。男子団体SPは9日です。
 

さて、オリンピックが始まる前に、急いで女子フィギュアスケート期待の星 坂本花織選手の四大陸フリーの演技を振り返っておきましょう。

坂本選手のスケーティングって、気持ちいいですよね。小手先でやってる感がないのかな。スケートの楽しさを改めて教えてくれるような気がします。

 

本日も、解説は「氷上のリアル王子様」チャーリー・ホワイトです。

えっ、先日ご紹介したチャーリーの写真が探せなかった?

こういう人です。

f:id:tanegashimapi:20180201174112j:plain

王子様は余裕があるので、解説も素直でソフトなんでございます。

演技中と演技後に段落が分かれています。

坂本花織 四大陸選手権フリー NBC系解説翻訳 


Kaori Sakamoto FS 2018 Four Continents Championships

 

解説はチャーリー・ホワイト&低音ボイスのおじさまです。

 

(次のスケーターは、日本代表のカオリ~サカモート)

坂本花織。日本出身の17歳。

71.34点のパーソナルベストを出したズバ抜けたショートプログラムを終えて、第二位でフリープログラムにいどみます。

音楽は、映画「アメリ」のサウンドトラックから抜き出したものです。

 

(演技開始)

オープニングは3回転フリップと3回転トゥの予定です。

わ~おぅ~

 

(3回転サルコウ)

(ステップシークエンス)

 

音楽を上手に使ったステップシークエンス。

それに、すごく面白いコリオだよ!

音楽に乗せた彼女の個性が出ていて、審判を魅了する場面だ。(意訳)

 

(操り人形パントマイムシーン 無言)

チャーリー、何か言ってくれ!!(笑)

 

(フライングシットスピン)

演技後半のボーナスタイムに入りました。(音楽も盛り上がってまいりました!)

3回転ルッツ。

引き続き、ジャンプをとても簡単そうに跳んでいます。

GEOに反映されるでしょう。(加点が付くでしょう)

3回転フリップと手を頭の上に上げた2回転トゥ。

 

(スピン)

(わなわなと感激に震えて)ダブルアクセル+3回転トゥ+2回転トゥ。

演技の終盤でも、演技を始めたときと同じように元気いっぱいです。


まだ、いくつかジャンプが残っています。

3回転ループ。

後は、このダブルアクセルをクリーンに決めるだけです。

うわぁ~お~(口あんぐり)


(スピン。演技終了。演技後に続く)
 

演技後解説。「脱帽だよ!」


カオリ・サカモトによる、あっ(笑) とんでもない、はは(笑) とてつもなく感動的な演技でした。ガッツポーズが出ましたぁ~はっはっ(笑)

いい演技ができたことに、彼女も興奮しているようです。

うほっほー(笑)

観客から、演技にふさわしい拍手喝采が沸き起こっています。

ものすごい点数が出るでしょう。本当によくやりました。

 

17歳の坂本花織によって、試合のバーが引き上げられました。

ビッグなスコアが出るでしょう。この後、我々もそれを目にします。

 

坂本花織の演技をリプレイでご覧いただいています。

はっ(ため息) すばらしく高さがあり、ジャンプに入るときも着氷後もとてもスピードがあります。

とてもとても安定していて、ジャンプに対する彼女の自信が現れています。

プログラム全体を通じて唯一のミスは、ステップシークエンスの最初に、ちょっぴりぐらついたことだね。でも、細かい部分に注意を払ったステップは、高く評価できます。


彼女のスケーティングスタイルは、誰にも似ていない。
ものすごく優雅というわけではないけれど、パントマイムを取り入れて演じたプログラムからは、ちゃんと物語が見えてくる。フィギュアスケートでは人気のある曲だけど、彼女のスピンは音と一体化していた。(意訳)

これはまた別のすばらしいジャンプ。

今日の大会では、完全な画像技術でジャンプを見ることができます。

とてもよくトレーニングされています。

何度も申し上げたように、演技終盤のエネルギーが、演技を開始したときとほぼ変わりません。彼女の演技には脱帽です。

いい感じでオリンピックへ向かえますね。

 

日本の坂本花織によるファンタスティックなフリーの演技でした。

チャーリー、これが彼女のシニア一年目の演技だなんて、信じられるかい?!

 

信じがたいよ。

f:id:tanegashimapi:20180201182531j:plain

いつのまにか日本画の美人さんのように。

(日本のカオリ・サカモトのフリーの点数は、142.87)

パーソナルベストです。トータルで200点を超えるでしょう。

214.21.韓国のチェ・ダビンを抜いてトップに躍り出ました。

すばらしい日だね。

 

すばらしい日であり、彼女に大きな自信をもたらしましたね。

(終了)

オリンピックでも、こんな演技がみたい。そして、スタンディングオベーション&拍手喝采を浴びている姿が見たいです。