オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

宇野昌磨タオルマフラー到着。

昌磨関連グッズは、いつも大雨の日に届く。

こんばんは。首都圏の交通網の乱れに巻き込まれて、へとへとの種子島ぴーです。

f:id:tanegashimapi:20181005230551j:plain

 

が、雨の中、名古屋グランパスとコラボした宇野昌磨選手のタオルマフラーが届きました~~

 

えー、一言いいですか?

 

 

・・・ビミョ~~(笑)

 

 

これ、汗は吸わんと思うよ。洗濯機で30回ぐらい洗った後のような質感と申しましょうか。

 

現場からは以上です。

 

大ちゃんと昌磨の週末

さて、スケート競技会ラッシュの週末。台風も接近してきており、会場に行かれる方は心配ですよね。気を付けて応援してきてくださいね。

 

しかし、お天気がどうということよりも、近畿選手権大会に高橋大輔選手を応援しに行かれる方は、緊張で吐きそうなのでは??

気圧の変化も激しいですし、お体ご自愛ください。

 

そして、ジャパン・オープン!!

www.hochi.co.jp

 

「自分の力で優勝に導きたい」と、力強いお言葉の若旦那。


「前回は自分のせいで負けたようなものだから」という内容のコメントに、
「あれ、そうだっけ?」と記憶喪失の私。

私が覚えていることと言えば、織田ちゃんがパーソナルベストを更新したことと、「競技から引退すると思う」って言ったことだけなんですよね(笑)。それだけ、織田ちゃんの印象が強かったということか。

 

で、改めて昨年の昌磨トゥーランドットを見返すと、「あぁ、シーズンオフに練習しすぎて疲れているときだっけ?」と言う感じで、顔がやつれてますね。

 

そして、点数が出て昌磨が「がっくり」となったときの顔が、ものすごく大人っぽいというか色っぽい。

 

f:id:tanegashimapi:20181005232255j:plain


興味がある方は、youtubeでご確認ください。お借りします。

 


Shoma Uno. Japan Open 2017

 

さらに、昌磨の弟、宇野樹さんによるチャリティ本「兄/宇野昌磨」が、マガジンハウスから出版されます。

 

いつも、お兄さんに代わって家族からの発信を受け持っている樹さん。

昌磨本人が競技に専念するのに、とてもいい手法だと思います。

 

実は、私は樹さんをお見かけしたことがあります。

昌磨がおめめぱっちりなので、樹さんは切れ長の目で和風の顔立ちだと思っていましたが、実際にはくっきりはっきりした顔立ちで、遠目に見てもオーラがあって目立ってました。

そして、とても礼儀正しい青年のようでした。

どんな内容の本なのか楽しみですし、応援したいですね。って、また買うんかーい!!(笑)

 

【11/29発売!】フィギュアスケート・宇野昌磨さんの弟、宇野樹さんが初の著書を刊行します。11/29発売「兄/宇野昌磨」。家族だからこそ知る宇野昌磨さんの素顔を語ります。撮りおろし、秘蔵写真も収録予定。Amazonでのご予約は10/12(金)開始となります!