オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「何年も語り継がれる傑作プロ!!」。スケート・アメリカ:ネイサン・チェンSP「キャラバン」NBC解説翻訳。

ネイサン・チェンSP「キャラバン」NBC解説翻訳

こんばんは。スケート・カナダの足音が迫りくる中、スケート・アメリカのお気に入り作品の一つ、ネイサン・チェンの「キャラバン」実況解説を、なんとか訳しておこうと頑張る種子島ぴーです。

 

ネイサンのSP、本当に楽しいナンバーです。最初にアイスショーで見たときは、とても淡泊で味気なく見えたのですが、滑りこまれると、なんて素敵な心躍る作品!! 高橋大輔名人の色気あるキャラバンとはまた違う、キュートで陽気なキャラバンに仕上がっております。

 

実況は、NBCスポーツのJohnny Weir,Tara Lipinski,Terry Gannonの御三方。

f:id:tanegashimapi:20181025012932j:plain

左からTerry Gannonさん、Tara Lipinskiさん、Johnny Weirさん

私の翻訳がテキトーであっても間違っていても、上記の御三方には何の責任もございませんので、ご了承いただける方のみご覧いただければ幸いです。

 

ネイサン・チェン「キャラバン」NBC解説

*youtubeお借りします。


10 Nathan CHEN USA SP 2018 Skate America


会場アナウンス 「米国代表ネイサン・チェンの登場です」)
(ワーワー キャーキャー ヒューヒュー 観客大騒ぎ)

Terry)さあ、優勝候補であり、観客のほとんどがこの選手を見にアリーナに来ているネイサン・チェンです。ソルトレイクシティ出身の19歳。
南カリフォルニアのアルトゥニアン親父の元でトレーニングを積んで来ましたが、イェール大学の一年生でもあるので、両立に挑戦しています。

 

f:id:tanegashimapi:20181020174603j:plain

Johnny )shimmy(シミー。肩をシェイクするダンス)をするよ。

(音楽スタート タタタタタタ、タッ)
「ふぇー」(待ちきれなくなった男が観客席から叫ぶ) 「キャー」「キャー」 


Johnny )ショートプログラムの振り付けは、昨年のショートも担当したシェイ=リーン・ボーン。彼女は、ネイサンにぴったりの曲を見つけ出す術を持っています。


Tara)ウォウ! なんてすばらしいトリプル・アクセル。苦戦していたこともあるジャンプなのに!!

Johnny )ちょっぴり着氷でよろけた4回転フリップ。

f:id:tanegashimapi:20181020174623j:plain


(フライングキャメルスピン)(手拍子)
(ネイサンも手を頭の上でパチンと叩いて手拍子の催促か?!)

Tara)ここで最後のジャンプ。コンビネーションにしたいところです。

(うわー キャー 悲鳴)

Johnny )トリプル・ルッツ+トリプル・トゥ。
普段、ネイサンのショートで3回転+3回転のコンビネーションをあまり目にしません。

ネイサンのショートプログラムで僕が好きなのは、ステップ・シークエンスです。
この男のステップを楽しみましょう。

(キャー キャー 観客)
(アモーレ♪)

(最後のスピン。演技終了)
(キャー、キャー)

f:id:tanegashimapi:20181020174643j:plain


Tara)このプログラムのコリオは、とってもいいわ。

彼のクールで自信に満ちた演技が素敵。彼が創り出すモダンな雰囲気は、彼ならではの独創的なものね。

Johnny)ブラボー、ネイサン!! ブラボー、シェイ=リーン・ボーン!! 人々が、何年も語り継ぐような傑作プロを創り上げるなんて!!

今回の男子シングルでは、ネイサンは4回転ルッツも4回転フリップも、ショートのコンビネーションに入れる必要はなかった。

彼はこの大会で別次元にいる(ライバルがいない)。だから、彼の言うように、ちょっぴりジャンプ構成に安全策を取ってシーズンをスタートさせた。
彼はすばらしいショートプログラムをやり通したよね?

Tara)その通り。テクニカルスコアとコンポーネンツスコアを頭に入れておかなくては。
彼のコンポーネントスコアは、とてもいいと思うわ。

Terry)昨シーズンは、スケート・アメリカで優勝して、グランプリシリーズをスタートさせました。

(ビデオが映り、ネイサンが両肩をシェイク、シェイク)
Tara)肩をshimmyしてるわね。

Johnny)それ、さっき僕が言ったやーん。shimmy(肩を揺らすダンス)をやるって。

すーばらしいトリプルアクセル。「ネメシス」では、ショートの冒頭で時々跳ぶことがあった4回転フリップは、着氷が少し詰まってしまったよね、ハニー。


Tara)そうね。飛びあがるときすでに、肩が下がってしまっている。
Johnny&Tara)ちょっと、アンダーローテーションかもしれない。


Johnny)ここで、あまり目にしたことがないトリプル・ルッツとトリプル・トゥループのコンビネーション。コンディションを考えて調整したのだろう。
す~ばらしいジャンプを跳んで見せました。ネイサン・チェンがショートでトリプル+トリプルを跳ぶのは珍しい。いつも4回転でした。

f:id:tanegashimapi:20181020174723j:plain

(2人爆笑)ハハ、背後にラファ親父がいるよ。
★いや、いるでしょうよ(笑)!!

Johnny)ステップをするとき、感情に溺れることはできせん。難しい技を演じるとき、転びやすいし、失敗しやすいからです。しかし彼は、その両方を保っていました(感情を込めて難しいステップをやってのけた)。

今シーズンのステップは、粋で洒落ていて、すごく気にいったよ。なんてキュートなんだ!!


Tara)私も大好きよ。

(ここよく聞こえません&聞きとれませんでした。イエローカードな内容なので、ざっくり触れさせていただきます。信頼度60%です。)

f:id:tanegashimapi:20181020175129p:plain

Terry)「ショートの間、ラファエルが音楽のことか何かに対してイライラしていたようだけど、なんだったかわからない。ときどき、彼のリアクションをどう解釈すればいいかわからない。考え方、見方が、自分たちとは異なるから」

Johnny)「そうそう。何が引き金になって、そういうリアクションになるのかわからないんだ。面白いのは、旧ロシア出身のコーチは、よーわからんときがある。僕がロシアのコーチとトレーニングをしていたとき、何が彼女を怒らせてるのかわからなかった」

Terry)「だから、君はいつも怒られないように気を張りつめて、熱心に練習をしていたんだね」
一同「アッハッハ」
 

Terry)で、君は(ネイサンの演技が)ハイレベルの成功だったと言ったけれど、ジャッジがどう判断したか見ましょう。

(場内アナウンス ネイサン・チェンさんの得点は)
90.58です。

f:id:tanegashimapi:20181020175213j:plain

Terry)1位。成功です。今大会での目標は、達成しました。今後の大会には羽生や宇野が・・・(フェイドアウト)