オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

「未来のワールドスターに名乗りを上げた」。山下真瑚スケート・カナダFP「蝶々夫人」ユーロ解説翻訳

世界の舞台で名乗りを上げた山下真瑚選手

こんばんは。フィンランド杯が始まる前に、スケート・カナダ山下真瑚選手の海外解説を訳しておこうと思う種子島ぴーです。

SP「セビリアの理髪師」は、見ているだけで頬がゆるむ、ステキすぎる演技でした。

f:id:tanegashimapi:20181027180418j:plain

フリーは、ライブストリーミングで見させていただいたのですが、気を失いそうになるくらい眠かったのと、映像がカクカクとこまぎれに動いていたので、感想記事を書くのは控えていました。


「真瑚ちゃんがジャンプを跳ぶぞ~」っていう瞬間になると毎回映像がフリーズし、動き出したときには跳び終わってにっこりポーズを取っており・・・

ただ、「もしかすると、優勝しちゃうんじゃないか」という雰囲気は、カクカクの映像からも伝わってきました。その堂々として可憐で爽快な演技の動画をyoutubeに上げてくださっている方がいたので、ブリティッシュユーロ版を訳します。

 

彼女の演技を見て、焦っている日本のシニア女子はたくさんいると思います。勝負の世界って、本当にきびしいですね。

 

山下真瑚スケートカナダ「蝶々夫人」ブリティッシュユーロ訳。


2018 SC Mako Yamashita FS ESP

 

15歳、名古屋出身です。

間違いなく、未来のワールドスターです。

2位になりました。フリーで、3位から順位を上げました。(リアルタイムではない模様)

山下真瑚。プッチーニの「マダム・バタフライ」です。

 

(いきなり3Lz+3T+2T。解説無言)

(たっか~い3F。解説無言)

(すい~っと2A。解説無言)

(チェンジ・フット・コンビネーション・スピン。解説無言)

(またもや、す~いっと2A。解説無言)

後半の演技へ。解説、何か言ってくれぃ!!

(絶好調な3Lz+3Tで笑顔。解説無言)

(着氷頑張る3Lo! 解説無言)

(ステップシークエンス)

(3S+2T。解説無言)

f:id:tanegashimapi:20181101225848j:plain

 

ただもう、素敵な演技でした。

 (解説が無言だったのは、魅力的なニューフェースの演技を、がっつり見ていたからのようです)

(意訳)私は先程、「優勝はできないだろう」と言いましたが、いつか「このときの演技が、重要なポイントだった」と振り返るときがくるかもしれません。なぜなら、この若いレディは、初めてシニアグランプリの舞台で、「こんな素晴らしい選手がいるのよ」と、名乗りを上げたのですから。

彼女は、メデベージェワと互角のすばらしい演技をしました。たぶん、セカンドマークの差だけでしょう。

しかし、エリザベータ・タクタミシュワに、わずか0.2点ほど足りずに優勝できなかったのは、とてもアンラッキーでした。

ジャンプは軽々として、身のこなしは優美で芸術性がある。

(映像は)7本の3回転ジャンプの一つ、トリプル・ループです。

 

芸術性がある一方で、強さもある。15歳にして、脚の強さが備わっています。

彼女の演技を見られてうれしいよ。

彼女の演技は、見ていて退屈しない。

(点数表示136.76)

フリーの点数は、メドベージェワとほとんど変わりません。メドベージェワが、フリーで優勝しました。総合で3位でした。

 

山下は、3位から2位に上がりました。僅差でした。

そして彼女は、未来のメジャーなスターになることを、世界に向けて発信しました。

ロシアの選手たちが勝ちましたが、油断召されるな。

山下真瑚が、彼女たちに肉薄しています。

最終結果の順位と点数です。ここラヴェルで、タクタミシュワが0.26点差で金メダルを取りました。

山下真瑚が銀メダル、メドベージェワが銅メダルです。

 

メドベージェワが戻ってきました。とても厳しいショートプログラムの後、巻き返して銅メダルを取りました。

山下選手、また彼女を見られるのが楽しみです。

3週間後にモスクワで開かれるロステレコム杯に出場する予定です。

 

次のグランプリシリーズは、来週末、ヘルシンキで開かれます。

また皆様にお目にかかることを願いつつ、ここカナダから、グッバイ!!

(完)

私も東京からグッバイ!!ということで、数日不在にします。ブログは書けないかもしれませんが、チャンスを見つけてロステレコム杯はなんとか見たいと思います。