オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

選ぶ悩みが倍増。昌磨オフィシャルフォトブックとカレンダー

こんにちは。基本的に、自分が買ったもの、買う予定のものしかブログで取り上げない種子島ぴーです。

 

で、今回はまたエンスカイselepoから、

ひじょーーーーに魅力的な商品が発売されてしまいます。

それも、2つも(泣)

 

f:id:tanegashimapi:20200908121356j:plain

エンスカイショップ>>

 

一つは、昨年もあった「MY VERY OWN」(=俺様専用の、あたくし専用の、私だけの昌磨カレンダー)。

105枚の写真から、自分だけの7枚を選ぶシステムになっております。

 

f:id:tanegashimapi:20200908122221j:plain

 

お値段は、3,150円(税抜き、送料別)。

天候不順や人件費の高騰で値上がりする商品も多い中、

なんとお値段は昨年据え置きです!! (笑)

 

商品の品質からすると、かなりリーズナブルな設定となっております。

昨年の感想記事はこちら↓

 

昨年の「146枚の中から選ぶ」から「105枚」に母数が減って、

ファンの悩みが若干軽減されています。

親切~(笑)

 

正直、昨年買ったものは、壁に飾っておらず‥

カレンダーとして機能しておりませんが、

しかし、今年には今年の写真があり…

悩むけど…たぶん買うと思います。

 

申込期間は、2020年9月10日(木)~2021年1月31日(日)で、

申し込みから最短3日で、順次配送されるそうです。

 

そして、もう一つは、今年の目玉!!

新登場!!「選べる オフィシャルフォトブックレット」。

 

f:id:tanegashimapi:20200908122530j:plain

 

こちらも完全受注生産です。

つまり、カレンダー「MY VERY OWN」も「オフィシャルフォトブックレット」も、

誰も申し込まなければ、一切生産しません、印刷しませんというスタンスです。

 

そして、「オフィシャルフォトブックレット」は、

2019-20シーズンの写真173カットと、

進化の軌跡(チビ昌磨)72カット、

計245カットから35カットを選ぶという、

とうてい不可能なミッションが課されています。

 

f:id:tanegashimapi:20200908122515j:plain

 

しかも、写真が横になる構図、縦になる構図、両方ミックスした構図と、

組み合わせが何通りあるかわからない、カオス状態です。

 

選ぶ能力、決断力のない人は、

何冊も何冊も申し込むしかないという、地獄の展開です(笑)

 

f:id:tanegashimapi:20200908124134j:plain


レストランで注文するとき、「これがいいな」「やっぱりこれにしよう」とあれこれ悩み、

ウエイターさんを呼んでからテーブルに到着するまでの間に、

またまた考えを変える傾向のある私にとっては、

苦行以外の何物でもありません。

 

さらにさらに、ブックが無線綴じになっていて、

好きなページをはがして額に入れて飾ることもできるということです。

 

こちらもお値段3,150円(税抜き、送料別)と、内容からするとリーズナブル。

 

きっとどこかに、トロちゃんとかエマちゃんとか、

映ってる? 映ってない? 映ってるよねー(笑)

うーん、くるしい、キビしい、悩ましい。

 

が、確実に言えることは、「私はオフィシャルフォトブックレットを買います」ということです。

f:id:tanegashimapi:20200908123307j:plain

がんばる!!

予約期間は、9月10日(木)から10月31日(土)までで、

発送は、12月ごろとのことです。

選べる写真の全貌はわかっていませんが、

サイトには、写真が一部映っています。

↓↓

 

昨年は、カレンダー「MY VERY OWN」だけでも写真を選ぶのが大変だったのに、

今年は「オフィシャルフォトブックレット」まで加わって、

選ぶ悩みは倍増!!

 

なんてことしてくれるんだよ、昌磨!!


にほんブログ村