オオナゾコナゾ

種子島ぴー/九州出身、東京在住。夫と二人暮らしです。旅行のこと、フィギュアスケートのこと、香港のことを中心に、右から左へ流せなかった大小の謎やアレコレを、毒も吐きながらつづります。

国境閉鎖とコーチと選手

こんばんは。メドベージェワ選手のエテリ組回帰、驚きましたねー。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Мы приступили к совместной работе. С возвращением. #работаемдальше

Team Tutberidze(@teamtutberidze_)がシェアした投稿 -

 

「私たちは一緒にトレーニングをすることになりました。お帰りなさい」

コーチも選手もいい表情をしていて、

率直に「よかったなぁ」と思いました。

 

この状況の2日後に・・・

f:id:tanegashimapi:20200915205311j:plain

 

っていうのも、なんだかなーとは思いますが、

深く考えないことにしましょう(笑)

 

外国の選手がカナダに入国するのは難しいし、

離れている外国人コーチに、リモートレッスンでお金を払い続けるのも厳しいですよね。

というか、オーサーコーチって、最終的にこういう目に合いがち?(涙)

 

メドベージェワ選手は、ロシア国内では、

ボドレゾワコーチにサポートしてもらっていたそうですが、

f:id:tanegashimapi:20200917002059j:plain

 

よくよく考えてみれば、

「ロシアにいるなら、エテリコーチのほうがしっくりくる」

ということなんでしょうか。

 

もともと、母娘のように近しい関係に見えた2人。

 

f:id:tanegashimapi:20200917002458j:plain

出展:sports ru

 

諸事情により、エテリ組に居続けることはできなかったのでしょうが、

だからといって、オーサーコーチとメドベージェワ選手の関係が

ベリーグッドにも見えなかったですよね。

あくまでも、部外者としての印象ですが。

 

コロナ禍で国と国との国境が閉鎖されたことで、

あらためて「自分にそのコーチは必要なのか」「合っているのか」と

自問自答した選手は多いのではないかと推察します。

「もしかして、いなくてもいいんじゃね?」と、

リアルに肌で感じたケースもあるでしょう。

 

f:id:tanegashimapi:20200917002847j:plain

 

「師弟関係を解消したい」「何かが違う」と思っていても、

本来なら言いにくいですよね。

でも、「距離」「国境」を理由に“おしまい”に持っていけた選手も、

いるんじゃないだろうかと。

 

私は、いいことだと思います。

f:id:tanegashimapi:20200917003040j:plain

ビッグチャンス到来!!

 

まったく関係ないかもしれませんが、

宮原選手はカナダから戻って来ないと思うし、

紀平選手もスイスから戻って来ないと思う。

本田真凛選手も、ラファのところへは戻らない気がします。

 

トゥルソワとコストルナヤが移籍を決断した時期、

エテリコーチは米国に滞在していて、

連絡が密に取れていなかったと聞いています。

 

f:id:tanegashimapi:20200917003322j:plain

この方はロシアにいましたよ。


交通機関が発達し、国境の感覚が薄れている現代でも、

疫病で人の往来が断絶されれば、距離感は昔と同じに戻ってしまう。

 

会いたくても、会えない。

連絡が途絶えれば、そのまま疎遠になることもある。

 

だからこそ、宇野昌磨アップロードチャンネルに書かれていた

余談ではありますが、スイスに来てからステファンに言われたのが、 「昌磨をスイスに連れて帰ってきてくれて本当にありがとう」でした。

が、大きな意味を持ってくる。

 

コロナ禍でも、島田高志郎くんは、わりと早い時期にスイスに戻ることができていました。

f:id:tanegashimapi:20200917003736j:plain

 

一方、宇野昌磨選手は、

名古屋のリンクで練習し、

新しく犬を飼い、

運転免許を取り、

ゲーマーとしての活動で注目され、

ソファで爆睡し、日本から動く気配はない。

 

f:id:tanegashimapi:20200917004131j:plain

 

「昌磨は戻って来ないのかもしれない」と、

ランビ伯爵が不安になったとしても不思議はありません。

 

『KISS&CRY』の高志郎インタビューによれば、

一時期「ステファンも落ち込んでいた」とか。

 

そういったあれこれを考えると、

「昌磨をスイスに連れて帰ってきてくれて本当にありがとう」

という言葉に、じーーーーーーんとしてしまうのであった。

 

f:id:tanegashimapi:20200827012006j:plain

 

「昌磨をスイスに連れて帰ってきてくれて本当にありがとう」・・・

 

いや、帰る気があれば、何があっても帰りますって!!

愛する人の元へは、何年かかっても帰りますって!!

 

よし、昌磨、結婚しよう!! ステファンと!!

f:id:tanegashimapi:20200904184252j:plain

ごめんね、デニス。


にほんブログ村